フィヒテ『ドイツ国民に告ぐ』


はじめに


 カント哲学を継承したフィヒテは、ヘーゲルシェリングと並ぶドイツ観念論哲学の大物だ。

 本書がドイツ国民にもたらした影響は甚大だった。

 時はナポレオンによるプロイセン(ドイツ)占領時代。彼はドイツ民族の優秀さを謳い上げ、国民教育の重要性について熱弁を振るった。

 「国家」がいまだ十分に存在しなかった当時のドイツにおいて、フィヒテのような過剰な民族主義の称揚者が現れたことには、ある種の必然性があったといえるだろう。


1.人間の教育

 「新教育は人間そのものを作らなければならない」
 
 ルソーコンドルセなど、フィヒテに先駆ける思想家たちは、階級にとらわれない自由で平等な存在という新しい人間観を提示し、それに基づく教育を考えた(ルソー『エミール』コンドルセ『公教育の原理』のページ参照)



 フィヒテにも、もちろんその「匂い」はある。しかし彼の場合、事情は少し異なっている。



 これまでの教育(旧教育)は、人間を作ってこなかった。フィヒテはそう批判する。

 旧教育は、人間が「官能的愉悦」を愛することを前提とし、生徒の自由意志を基本にして行われてきた。

 しかし真の人間は、絶対不変の法則のもとにこれを認識し、いささかも「官能的愉悦」によらず、ただ真理が真理であるがゆえにこれを愛する人間でなければならない。新教育はこれを基礎とする。

 個々人の「自己愛」「利己心」「欲望」といったもの、これらを「要するに眼中におかぬのである。」

 このような真の人間たりうるのは、ドイツ人だけである。

 なぜか。それは、他のゲルマン民族と違って、ドイツ人は一つの言語を変わらず使い続けてきたからだ。言語が長い歴史を通して磨かれれば磨かれるほど、人間は「超感覚的部分」について思考できるようになるのだ。

 また真の人間たるドイツ人は、民族が永遠であることを知っている。自らを生かしているものが、民族であることを知っている。

 だから、「彼はこの特性の永遠の存続を欲せざるを得ない。何となれば彼にとってひとりこの特性のみが、彼のこの世の短き生命を既にこの世ながらに永遠の生命に伸べ得る解放の手段であるからである。〔中略〕そは彼の民族に対する彼の愛であって、まず第一に敬し信頼し、民族を喜び、その民族の中より生まれたることを矜りとするの心である。〔中略〕第二には、民族のために活動し、民族のために自己を犠牲にせんとするの個々とである。」

 こうしてフィヒテは、民族のための自己犠牲を説く。

 真の人間、すなわち、絶対的法則(神の法則)を、それが真理であるがゆえにのみ愛することのできる人間を作る。そしてそれができるのはドイツ国民だけである。

 『ドイツ国民に告ぐ』は、ほとんどこれのみが語られた講演だといっていい。


  
2.フィヒテの教育思想 
 
 今日においてもなお評価すべき点、あるいは役立つフィヒテの教育思想はあるだろうか。

 残念ながら、私の考えでは、彼の教育思想には真新しいところも評価すべきところもほとんどない(あえて言うなら、多くの人にペスタロッチの教育法の優れた点を知らしめたことくらいだろうか)。

 以下、フィヒテの教育思想ざっと見ていこう。

①自主的活動を通して、学ぶことそれ自体を楽しみにせよ

「生徒は好んで楽しんで学ぶものである。そして彼は力の緊張の続く限りは、学ぶこと以外には何物をも為そうとは欲せぬのである。何となれば生徒は学ぶことに於て自主的活動をなす、しかもそれに彼は直接に最高の楽しみを感ずるからである。〔中略〕吾人はこの純潔なる学問の愛を燃え立たしむべき手段を発見した。それは生徒の直接なる自主的活動を刺激して、これをすべての認識の基礎たらしめ、学ぶことはすべて自主的活動に依って学ばしめるということである。」

 強制的に、知識をただ記憶するためだけに記憶するということ、フィヒテはこれを強く批判する。自主的な活動を通して、学ぶことそれ自体が楽しみになるようでなければ、生きた知識は身につかない。

 しかし続けて、彼は次のように言う。

「従来の教育法では、その知識の獲得が将来有用なることや、その獲得に依らなければ衣食と名誉とを能わざることなどを説き、且つ直接その場の賞罰をも用いなければならなかったのである。——かくの如く認識は始めより既に官能的愉悦の従者として取り扱われていた。而してかかる教育は、その内容をもっては上に述べたる如く道義的なる考え方を発達せしむるの力なく、ただ生徒の心の外面に触るるに過ぎぬからして、時としては道徳的堕落をさえも植えつけ且つ助長し、そして教育の関心をこの堕落の関心と結びつけざるを得なくなったのである。」

 アメとムチによって「官能的愉悦」に訴えかける教育方法をフィヒテは批判する。これではただ報酬がほしくて学習をする、「道徳的に堕落した」子どもを作ってしまうに過ぎないからだ。

 フィヒテにとって大切なことは、「官能的愉悦」などは眼中におかず、真理がただ真理であるからこそこれを愛するという態度なのだ。そしてこのような愛を、子どもは自然に持っている。だからこそ、真理をただそれが真理であるからこそ愛するということ自体が、「楽しい活動」であるわけだ。

 

②子どもは他者を鏡として育つ

「自己以外の尺度に信頼して自己の価値を決定せんとするのがまた少年及び未丁年の特徴であって、この特徴あればこそ、人間的完成に向って生い育つ後進の少年に対するすべての訓戒及び教育は可能となるのである。〔中略〕すべての道義的教育の基礎は、まず児童にかかる衝動のあることを知り、これを確実に前提とするにある。」

 いわれてみればあたりまえだが、なかなか含蓄に富んだ言葉だ。

 子どもは、自分で自分のことを評価するのではなく、他人が自分をどうみるかという、他者の視線から自分というものを知っていく。

 そしてその際、子どもは他者から尊敬されたいという欲望をもつ。

 この尊敬されたいという衝動を活かして、子どもたちを実際に尊敬にたる人物へと育てていこう。

 フィヒテのこの言い方には、なかなか説得力がある。

 もっともフィヒテの場合、神を愛しその法則を愛する優秀なるドイツ国民という、「尊敬にたる人物」の絶対的なモデルがあるのだが。



(苫野一徳)

Copyright(C) 2009 TOMANO Ittoku  All rights reserved.

カント『永遠平和のために』

はじめに

 国連に先駆けるアイデアを提示したことでも有名な本書。

 徹底した現状分析を踏まえた、国際平和のための実践的原理が論じられている。

 いつの時代も読み継がれるべき、名著だと思う。


1.永遠平和のための予備条項

 カントが列挙した永遠平和のための予備条項を、まずは以下に挙げておこう。

第1条項 将来の戦争の種をひそかに保留して締結された平和条約は、決して平和条約とみなされてはならない。

第2条項 独立しているいかなる国家(小国であろうと、大国であろうと、このばあい問題ではない)も、継承、交換、買収、または贈与によって、ほかの国家がこれを取得できるということがあってはならない。

第3条項 常備軍(miles perpetuus)は、時とともに全廃されなければならない。

第4条項 国家の対外紛争にかんしては、いかなる国債も発行されてはならない。

第5条項 いかなる国家も、ほかの国家の体制や統治に、暴力をもって干渉してはならない。

第6条項 いかなる国家も、他国との戦争において、将来の平和時における相互間の信頼を不可能にしてしまうような行為をしてはならない。たとえば、暗殺者(percussores)や毒殺者(venefici)を雇ったり、降伏条約を破ったり、敵国内での裏切り(perduellio)をそそのかしたりすることが、これに当たる。


2.確定条項

 続いて、永遠平和のための確定条項をやや詳しく見ていくことにしよう。

 まずカントは次のように言う。

「一緒に生活する人間の間の平和状態は、なんら自然状態(status naturalis)ではない。自然状態は、むしろ戦争状態である。〔中略〕それゆえ、平和状態は、創設されなければならない。」

 ホッブズが言うように、人間は放っておくとどうしても互いに争い合うことを避けられない(ホッブズ『リヴァイアサン』のページ参照)。したがってもしもわれわれが平和を望むのであれば、それはわれわれ自らの意志によって創設されるのでなければならない。カントはまずそのことを強調する。

 この平和のための基礎となる政治体は、共和制である。そうカントは主張する。そこで永遠平和のための第一確定条項は、次のようになる。

「各国家における市民的体制は、共和的でなければならない。」

 共和制のみが、各人の自由平等を基礎とする政治体制であるからだ。

「第一に、社会の成員が(人間として)自由であるという原理、第二に、すべての成員が唯一で共同の立法に(臣民として)従属することの諸原則、第三に、すべての成員が(国民として)平等であるという法則、この三つに基づいて設立された体制――これは根源的な契約の理念から生ずる唯一の体制であり、この理念に民族の合法的なすべての立法が基づいていなければならないのであるが、こうした体制が共和的である。」

 続く第二確定条項は、次のように設定される。

「国際法は、自由な諸国家の連合制度に基礎を置くべきである。」

 カントによれば、永遠平和は国際連合の理念によって達成されるべきである。もしこれを単一的な世界統一国家にしてしまったら、それはかえって暴力的なものになりかねない。平和のためには、統一より多様な諸国家の連合の方がふさわしい。

 第三確定条項は、次のようである。

「世界市民法は、普遍的な友好をもたらす諸条件に制限されなければならない。」

 各国の市民が諸外国においても十分な権利を保障されるようなものとして、世界市民法は編まれなければならない。それ以上のものを法に望んだとたんに、それは法の名を借りた強制になる。ヨーロッパの植民地支配がそうであるように。カントはそのように主張する。


3.補説

 続いてカントは、上述の条項についてどのように考えるべきか、より深く掘り下げて考察する。「補説」とは言っても、この補説にこそ、カント哲学の本領があるように思われる。

 まず彼は第一補説を次のように言う。

「この保証を与えるのは、偉大な技巧家である自然(諸物の巧みな造り手である自然natura daedala rerum)にほかならない。」

 永遠平和は決して夢想ではなく、自然がこれを保証してくれている。

 このあたり、永遠平和を自然の摂理のように描いているため、今日ではやや説得力に欠けるかもしれない。しかしそれでも、カントの言い方はそれほど悪くはない。彼は次のように言っている。

 永遠平和は自然の摂理だが、しかしこれを達成するのは人間であり、そしてそれは、法を作り出すことによって可能になるはずのものである、と。

「それゆえ、ここで次のように言ってよい。自然は、法が最後には主権を持つことを、あらがう余地なく意志している、と。」

 カントの強い意志を感じる箇所である。

 第二補説は、カントによれば秘密条項である。彼は言う。

「国王が哲学することや、哲学者が国王になることは、期待されるべきことではなく、また望まれるべきことでもない。なぜなら、権力の所有は、理性の自由な判断をどうしてもそこなうことになるからである。」

 プラトンは哲人王の思想を唱えたが(プラトン『国家』のページ参照)、哲学者はあくまでも、どこまでも権力とは無縁に知恵をのみ追い求め続けるべきである。カントはそのように言う。


4.道徳と政治

 最後にカントは、道徳の原理と政治の原理の違いについて論じる。

 『実践理性批判』等で見たように、カントにとって「我が内なる道徳律」は人間における最高の法則だった(カント『実践理性批判』のページ参照)。

 われわれは自然法則に従って生きざるを得ないが、しかし同時に、自らの自由意志によって普遍的な道徳法則に従うこともできる。

 それは、人間が人間である証であると言っていい。

 しかし政治は、必ずしもこの道徳法則に従ってなされるわけではない。いやむしろ、道徳法則になじまないことの方が多いとさえ言っていい。

 しかしそれでもなお、政治の原理は道徳の原理に従わなければならない。カントはそう主張する。

「政治と道徳を一致させることは、なんら技術ではない。なぜなら、両者が矛盾しあうようになると、道徳は、政治が解くことのできない結び目を一刀両断にするからである。――人間の法は、支配権にどれほど大きな犠牲を払わせるにしても、神聖に保たれなければならない。

 ここでカントは、ドイツ皇帝フェルディナント1世の言葉とされる、次の有名な言葉を挙げて言う。

「『正義はなされよ、たとえ世界は滅びるにしても(fiat iustitia, pereat mundus)』というのは、格言として世間に通用している命題で、ややおおげさに聞こえるが、しかし正しい命題である。これはわれわれの言葉で言えば、『正義よ支配せよ、たとえ世界の邪悪な連中がそのためにすべて滅びるにしても』ということで、これは勇敢であって、悪だくみや暴力が指図する曲った道をすべて断ち切るといった、法の原則である。ただこの原則は、誤解されてはならない。この原則は、〔中略〕だれに対しても、その人間に好意をもたないとか、ほかの人間に同情するとかの理由で、その人間の権利を斥けたり侵害したりしてはならない、という責務として、理解されなければならない。」

 後にヘーゲルは、「正義はなされよ、たとえ世界は滅びるにしても」というこの言葉を批判し、「正義はなされよ、しかし世界が滅びることなく」でなければならないと言うのだが、このあたり、カントとヘーゲルの違いは、実はさほどないのではないかと私は考えている(ヘーゲル『精神現象学』『法の哲学』のページ参照)。

 ヘーゲルは、カントの言う「最高善」「定言命法」を、現実的でない空虚な道徳律であるといって批判する。

 それは確かに、かなり的を得た批判ではある。しかし、この『永遠平和のために』における晩年のカントには、ヘーゲルに近い現実感覚がかなりあったように思われる。

 と言うのも、カントは先の言葉を、絶対的な道徳法則に皆が従えなどと言うのではなく、あくまでも、権利の対等という政治・社会原理として描き出しているからだ。

 政治原理は、好悪や同情が先に立つのであってはならない。カントはそのことを強く主張した。これは空虚な道徳論ではなく、かなり現実的かつ原理的な政治社会論と言っていいはずだ。

 本書は次のような言葉で結ばれている。

「真の永遠平和は、決して空虚な理念ではなくて、われわれに課せられた課題である。この課題は次第に解決され、その目標に(同じ量の進歩が起こる期間は、おそらく次第に短くなるから)たえず接近することになろう。」

 永遠平和は、いつの日か必ずや実現する社会的課題だ。

 200年以上も前のカントの言葉に、深く感銘を受けずにはいられない。

(苫野一徳)

Copyright(C) 2011 TOMANO Ittoku  All rights reserved.