ウワサの子ども会(Eテレ)「どうする?大学入試改革」

 

出演しました。

クイズ王の伊沢さん、そして個性あふれる高校生の皆さんとご一緒できて、とても楽しかったです。

大学入試は、もっともっと「序列化の伴わない多様化」へと向けていく必要があると、私自身は長らく言っています。

高校生の皆さんのアイデアの数々も、とてもクリエイティブなものと舌を巻きました。

ご覧いただいた皆さん、ありがとうございました。


中日新聞連載「EYES」

2020年1月から、中日新聞での連載が始まりました。

落合陽一さん、小島慶子さんなど、5人で行うリレー連載です。

中日新聞さんのご好意により、随時こちらでもご紹介します。


(1)「みんな一緒」に限界(20.1.23.)



(2)教師に「希望」届けたい(20.2.27.)



(3)「10年後」への提言(20.4.2.)



(4)「孤立化」ない「個別化」を(20.5.14.)



 (5)夏休み短縮に危機感(20.6.18.)



(6)教育行政は柔軟さを(20.7.23.)


(7)教員養成にも「探究」(20.8.27.)



(8)子どもの声を聞こう(20.10.1)


(9)学問のあるべき姿は(20.11.5)


「ボクらしか知らない学校のいま」(NHK名古屋)

 

出演しました。


コロナ禍における、子どもたちの声、先生の声、たくさん取り上げてくださって、本当にありがたく思っています。


名古屋でのイエナプラン教育の実践も取り上げられました。スタジオからは感動の声も。


これを機に、「公教育の構造転換」にドライブをかけていけるよういっそう努めたい。


そう考えています。

ウワサの保護者会(Eテレ)「コロナ禍の気づき 学校にどう生かす?」

出演しました。


番組内容はコチラでお読みいただけます。


全国的に注目を集めた、熊本市のオンライン授業の取り組みなども紹介されています。


NHK視点・論点「学校は何のためにあるのか?」


学校教育の本質と、アフター/withコロナの時代のビジョンについて、コンパクトにお話をさせていただきました。

こちらのページで、全文お読みいただけます。

これからの教育のあり方を考えるために、ぜひ、多くの方にお読みいただけると嬉しく思います。