モンテーニュ『エセー』(1)


はじめに

 稀代の人間通にしてエピソードテラーだったモンテーニュ(1533-1592)。

 古典にはなじみがない人も、本書の含蓄ある文章は十分楽しめるにちがいない。

 もっとも、偉人たちの言葉やエピソードを紹介しながら論じる彼の文章は、エスプリがきいていて小気味はいいけれど、深い洞察にまではいたっていないように思われて、個人的にはうなるところがほとんどない。

 モラリストの名にふさわしい、良識あるいかにも秀才といったところか。

 もっと言えば、人間通であるかのように見せかけて、実は彼は、ただたくさんの本を読んで、それを自分なりにまとめ直すのに長けただけったのではないかという気さえする。

 と、そこまで言っていいものかは分からないが……まあこれは個人的な趣味の問題なのだろう。

 本ブログでは、『エセー』の邦訳全6巻を、3回に分けて紹介していこう。


1.私的な本

 序において、モンテーニュはまず次のように読者に語る。

「読者よ、これは正直一途の書物である。はじめにことわっておくが、これを書いた私の目的はわが家だけの、私的なものでしかない。あなたの用に役立てることも、私の栄誉を輝かすこともいっさい考えなかった。そういう試みは私の力に余ることだ。私はこれを、身内や友人たちだけの便宜のために書いたのだ。」    

 本書は、あくまでも私的な本だとモンテーニュは言うのだ。

 そんなはずがないだろう、と正直思うのだけど、それはともかく、以下中身を見ていくことにしよう。


2.同情を乞うても、不屈の姿勢を見せても、どちらも同じ結果になることがある

 第1章から、モンテーニュのエピソードテラーとしての魅力が炸裂する。せっかくなので、少し長いが引用しよう。


「エペイロス公スカンデルベグが部下のある兵士を殺そうとして追い廻したときに、その兵士は卑屈と懇願の限りをつくして公の怒りを鎮めようと試みたが、万策つきて、最後に剣をとって公に立ち向かおうと決心した。彼のこの決心に主人の激怒はぴたりと治まった。主人は彼がかくも気高い決意をしたことを見て許したのである。」


アレクサンドロス大王が非常な困難の末にガザ市に攻め入ったとき、そこを指揮していたベティスと出会った。大王は攻略の間に彼の驚くべき豪勇の証拠の数々を経験していたが、そのときのベティスはたった一人で部下からはぐれ、武具はちぎれ、満身血だらけ傷だらけになって四方から打ってかかるマケドニア兵に囲まれながら戦いつづけていた。大王はほかにも数々の損害を受けた上に、すでに自分の体にも二つの生ま生ましい傷を受けていたので、これほどに高くついた勝利にかっとなって、ベティスに向かって、「ベティスめ、おまえの望み通りには死なせぬぞ。捕虜をいじめるために考え出したあらゆる責苦を受けねばならぬことを覚えておけ」と言った。すると彼は顔色も動かさないばかりか、倣慢不遜に構えて、この脅しに一言も答えずに押しとおした。アレクサンドロスはこの高慢でしぶとい沈黙を見て、「膝を曲げぬな哀れな泣き言ももらさぬな。よし、おまえの沈黙を破って見せる。言葉を吐かせることができなければ、うめき声くらいは上げさせてやるぞ」と憤怒を狂暴に変え、彼の両の踵に孔をあけて綱を通し、これを生きながらに戦車につないで引かせ、体をばらばらに引き裂かせた。豪胆ということは大王にとってはごくありふれたことであって称讃に値しなかったから、それだけこれを尊重しなかったのであろうか。それとも、豪胆は自分一人にだけ属するものと考え、これが他人のうちにこれほど見事に発揮されたのを見て嫉妬の情に堪えられなかったのだろうか。あるいはまた、生れつき怒ってかっとなる激情をどうしてもせきとめられなかったためだろうか。」


3.悲しみについて

 次の話も、とても印象深いものだ。

 わが子を殺された者の悲しみを、モンテーニュは次のようなエピソードを通して読者に伝える。


ペルシア王カンビュセスに敗れ捕虜となったエジプト王プサメニトゥスは、捕われた娘が奴隷の服装で水汲みをさせられて自分の前を通るのを見た。友人たちはみな、まわりで泣き悲しんだのに、彼は目を地面にそそいだまま一言も言わずにじっと立っていた。それから間もなく、息子が死刑に連れ去られるのを見たときも、同じ落着きを押しとおした。だが臣下の一人が捕虜の中にまじって連れてゆかれるのを見ると、はじめて自分の頭を叩き、ひどい悲しみを表わした。」

「この話は、最近わが国のある公爵に起ったことに匹敵しよう。この公爵はトレントにあって、一門全体の柱石であり名誉であった兄君の計報に接し、そのすぐ後に、第二の希望であった弟君の計報を受けたとき、この二つの打撃を模範的な気丈さをもって堪えたが、数日後に臣下の一人が死んだとき、この最後の出来事に負けて、これまでの剛毅さを捨てて悲嘆と愛惜の涙にくれた。そこである人々は、彼がこの最後の打撃ではじめて心に痛手を受けたのだと推論した。しかし本当は、すでに悲しみに満ち溢れていたから、ほんのわずかのおまけの刺激で、忍耐の堰が切れたのである。」

「もしも、前の話に次のようなつけ加えがなかったらこれと同じような判断をくだすことができたであろう(と私は思う)。そのつけ加えというのはこうである。カンビュセスがプサメニトゥスに向かって、息子と娘の不幸には心を動かさなかったのに、友人の不幸にどうしてあんなに我慢ができなかったのかとたずねたところ、「それは、この最後の悲しみだけは涙で表わせるが、前の二つを表わすことはいかなる手段をもってしでも速く及ばないからだ」と答えた。」


4.人は不幸の理由をでっち上げてでも求めてしまう


われわれはわが身に降りかかる不幸については、どんな理由でもでっちあげる。

 のちのニーチェにも通ずる洞察だ。

 ニーチェによれば(あくまでもニーチェによれば)、キリスト教の「原罪」は、生に苦しむ人間たちがその理由を見出すためにでっち上げたものだった(ニーチェ『道徳の系譜』のページ参照)。


5.哲学をきわめるとは死を学ぶこと

 死について、モンテーニュは次のように言う。

死はどこでわれわれを待っているかわからないから、いたるところでそれを待ち受けよう。あらかじめ死を考えておくことは自由を考えることである。死を学んだ者は奴隷であることを忘れた者である。死の習得はわれわれをあらゆる隷属と拘束から解放する。    


6.教育について

 教育についてのモンテーニュの言葉も紹介しよう。現代の学校教育批判と、ほとんど変わるところがないのが面白い。

いまの教育法では生徒も教師も、より物識りにはなっても、より有能にならないのは不思議ではないというほうがよいと思う。」

「われわれはただ記憶を満たそうとだけつとめて、判断力や良心を空のままほうっておく。ちょうど、鳥がときどき穀物を探しに出かけ、これを味わいもしないでくちばしにくわえてきて、雛どもについばませるように、われわれの先生方も、書物の中に知識をあさって、それを口の先にのせてきて、吐き出し、風に撒き散らすだけである。」    

 ではどのような教育を行えばよいか。

「教師が一人で何かを考え出したり、しゃべったりせずに、生徒にもしゃべる番を与えて、それに耳を傾けてほしいのです。ソクラテスは、また、アルケシラオスは、まず弟子たちに語らせてから、そのあとで彼らに語りました。」    

 モンテーニュの時代から450年。今もまったく同じことが議論されていることに、ある意味では愕然とする。

 さらにモンテーニュは、教育における暴力と強制をやめよと主張する。

いまのままでは本当に青春を閉じめておく牢屋です。生徒たちは放将にならない前から罰せられて放埒にさせられてしまいます授業時間中に学校に行ってごらんなさい。罰を受けている子供たちの泣き叫ぶ声と、怒りにのぼせた教師たちのわめき声しか聞こえませんから。か弱いおどおどした子供たちの心に授業への意欲を呼びさまそうと、あんなにこわい顔をして手に鞭を持って彼らを引っ張ってゆこうとするとは何というやり方でしょう。実に不正で危険きわまる方法ではありませんか。〔中略〕もしも彼らの教室に血のにじんだ柳の小枝〔鞭〕のかわりに花や木の葉を撒き散らしであったら、どんなにかふさわしいことでしょう。    

 と同時に、生徒たちをどのようなことにでも順応できるように鍛えなさいとも言う。

もしも先生がお子様の欲望や意志を制御できるなら、思い切って彼をどんな国民にも、どんな仲間にも、いや、必要とあれば、無軌道や極端なことにさえ、順応できるように育ててください。」

「私は、お子様が放蕩においでさえ強さと、逞しさの点で仲間にすぐれていることを、また、悪いことをしないのはその能力や知識がないからではなくて、その意志がないからであることを望みます。    


7.恋、親の子に対する愛、友情について

 最後に、モンテーニュは、恋も親の愛も、その尊さにおいて友情にはとてもかなわないと言う。

「子供の親に対する情愛はむしろ尊敬である友情は友人同士の気持を分かち合うことによって養われるのであるが、親子の間ではそれが不可能である。親子はあまりにもかけ離れているからである。    

 さらに次のようにも言う。

「ある国民の間では子が親を殺す習慣があった。また父が子を殺す国民もあった。そうしてたがいに邪魔になることのないようにしたのである。いや本来、一方が繁栄するためには他方が死滅しなければならないのである。哲学者の中にはこの生れつきの結びつきを軽蔑した人たちもいた。それには、アリスティッポスという証拠があるある人が彼に、子供たちはあなた自身から出たのだから可愛がらねばならないと言うと、いきなり唾を吐いて、「これだって私から出たものだ、蝨や蛆だってわれわれから湧くではないか」とった。    

 モンテーニュは子どもへの愛に著しく欠けた人だったのだろうか。彼は次のようにも言っている。

まれたばかりの子供を抱きしめる愛情というものが、私には理解できません。生まれたばかりの子供は、心の動きも体の形も見分けがつかず、どこにも可愛いと思わせるものをもたないからです。ですから私は、彼らが私のそばで育てられることを喜びませんでした。本当の正しい規律ある愛情は、われわれが子供たちを理解するのと同時に生まれて増大すべきものであります。」   

 これらの文章を読んで以来、私自身は、モンテーニュへの関心や敬意を失ってしまった。

 時代のゆえなのか、個人的な気質のゆえなのか、モンテーニュの子どもへの愛情の欠如は、個人的には、彼の魅力を失わせるのに十分すぎるように思われる。


『エセー』(2)
『エセー』(3)


(苫野一徳)

Copyright(C) 2009 TOMANO Ittoku  All rights reserved.


ルソー『言語起源論』


はじめに

 言語および音楽の起源について論じた本書。ルソーの死後に出版された。

 ルソーは言う。言語、それは、単なる身体的な「欲求」からではなく、人びとが互いにつながりたいとする「情念」によって生まれたものである、と。

 原初の言語は詩的なものだった。それはやがて旋律となり、音楽を生み出すことになった。

 音楽家としても知られていたルソー。「むすんでひらいて」は、ルソーの作曲だ。

 小説『新エロイーズ』はヨーロッパ中で大ベストセラーになり、『告白』は自伝文学の金字塔を打ち立てた。

 天才哲学者であっただけでなく、天才芸術家でもあったルソー。

 その類まれなる人間洞察、そして読者を強く惹きつけずにはいない文才が、本書でもあますことなく冴え渡っている。


1.言語の起源は、身体的な「欲求」ではなく精神的な「情念」にある

 まずルソーは、人間は原初の頃からコミュニケーションのためにジェスチャーを使っていたことを述べる。

 つまり視覚と聴覚だ。

 視覚は、伝えたいメッセージを最も直接的に相手に伝えることができる。ルソーはこんな面白い例を挙げている。

「軍勢とともにスキタイに入り込んだダレイオスは、スキタイ王から、カエル、鳥、ネズミと五本の矢を受け取った伝令は黙って贈り物を渡し、立ち去った。この恐ろしい訓示は理解され、ダレイオスは大いに急いでかろうじて自国に帰った。この記号を手紙で置き換えてみれば、それが脅迫的であればあるほど怖くないだろう大ほらにすぎなくなり、ダレイオスはそれを笑っただけだっただろう    

 そして言う。

このように、人は耳よりも目に対してよりよく語りかけるものだ。〔中略〕音は色の効果を持つ時ほど力強いことはない。    

 しかしその一方で、人の情念を震わせるのは、視覚的な言語ではなく聴覚的な言語の方である。

しかし心を感動させ情念を燃え上がらせなければならない時、事態はまったく異なくり返し感銘を与える言説の連続的な印象は、一目ですべてが見える物自体の存在より、はるかに人を感動させる    

 以上からルソーは次のように言う。

「われわれに身体的欲求しかなかったなら、われわれがことばを話すことが決してなく、身振りの言語だけで互いに理解し合えたということは大いにありうることだと考えられる    

 身体的な欲求やメッセージを伝えるだけなら、われわれは繊細な言語などというものを必要としなかったに違いない。

 ではなぜ人は言葉を必要としたのか?

「この起源はどこから来るのだろうか精神的な欲求、情念からである。生きる必要によって互いに避け合う人間たちを、すべての情念が近づける。人間たちから最初の声を引き出したのは、飢えでも渇きでもなく、愛、憎しみ、憐憫の情、怒りである。」

 ルソーによれば、身体的な欲求は人びとをつなげるよりむしろ遠ざける。原始の人びとにとって、家族・親族以外の見知らぬ人は、恐怖の対象であるからだ。

原初の時代において、地上に散らばっていた人間には、家族以外に社会はなく、自然の法以外に法はなく、身振りや分節されていないいくつかの音以外に言語はなかった。彼らはいかなる共通の博愛の観念によっても結ばれておらず、力以外にいかなる審判者もいなかったので分たちを互いに敵同士だと思っていた。」   

 このような時代において、人びとは恐怖を感じながらも平和だった。

「だれもが、自分の手の届くものしか知らず、それしか望まなかった各人の欲求は彼を同胞たちに近づけるどころか、同胞たちから遠ざけていた。人々は出会うと互いに攻撃しあったかも知れないが、めったに出会わなかったいたるところで戦争状態が支配していたが、地球全体が平和だった    

 精神的な情念は、そんな彼らを結び合わせる。そうルソーは言う。

 ここにこそ、言語の起源があるのだ。

「炎を見ると動物たちは逃げだすが人間は引き寄せられる。人々は共同の炉の周りに集まり、宴を行い、踊りを踊る。習慣の甘美な結びつきは知らず知らずのうちに人間を同胞たちに近づけ、その粗野な炉の上には、人間性の最初の感情を人々の心の奥深くにもたらす神聖な火が燃えている。」    


2.最初の言語は比喩的(詩)だった

 続いてルソーは次のように言う。

「人々はまず詩でしか話さなかった。理論的に話すことが考えられたのはかなり後のことである    

 言語が情念を伝えるところから始まったとするならば、最初はすべてが情熱的な詩のようなものであったに違いない。

 しかしその進化とともに、それは冷たく理論的なものになっていく。

「それはより正確になるが情熱的でなくなる。感情に対して観念が置き換わり、もはや心にではなく理性に語るようになる。そのこと自体によって抑揚は消え分節が広まり、言語はより正確でより明晰になるが、よりだらだらとして無声で冷たくなる。」    


3.北方の言語と南方の言語

 一般に、南方の言語の方が情熱的で、北方の言語の方が冷たく理知的であるとされる。

 このことについて、ルソーは次のように言う。

暑い国々の情念は、恋愛と柔弱さに起因する官能的な情念である。自然は住民にあまり多くのことをしてくれるので住民たちはするべきことがほとんどない。    

 冷たい言語を用いる北方のヨーロッパ人は、したがって南方の人びとの精神性を十分に共有することが難しい。ルソーは次のような例を挙げて言う。

アラビア語を少し読めるからと言っラン』に目を通して微笑を浮かべる人がいても、マホメットがみずから、その雄弁で律動的なこの言語で、心よりも先に耳を魅惑する響きのいい声で、しかも常に熱狂の抑揚で教えに魂を込めながら預するのを聞いたならば、次のように叫んで大地にひれ伏しただろう「神に遣わされた偉大な預言者よ、栄光や殉教に導いてください私たちは勝利するか、さもなければあなたのために死にたいのです。」」 


4.音楽の起源

 言語の起源に続いて、ルソーは音楽の起源についても思索をめぐらせる。

 ルソーの考えでは、音楽の起源は旋律(メロディー)以外の何ものでもない。

詩は散文より先に発見された。それは当然だった、情念は理性よりも先に語ったのだから。音楽についても同様だった。最初は旋律以外に音楽はなく、音声語の多彩な音以外に旋律はなく、抑揚は歌を形作り、音長は拍子を形作り、人は分節や声〔母音〕によってと同じくらい、音とリズムによって話していた    

 これは、同時代の音楽家ラモーに対する批判でもある(本書ではラモーが名指しで批判されているわけではないが)。

 ラモーは、音楽の起源は「和声」にあると考えた。美しい音の組合わせこそが音楽の起源なのだと。

 しかしルソーに言わせれば、それは芸術の何たるかを全く理解しない戯言だ。

 ラモーのような音楽家は次のように言う。


私は芸術の偉大な真の原理をお見せしました。芸術の原理ですって。すべての芸術、すべての学問の原理ですよ。色の分析とプリズムの反射の計算によって、自然にある唯一の正確な関係、すべての関係の規則が与えられます。ところで、宇宙ではすべてが関係にすぎないのです。つまり絵を描くことを知っていれば、色の組み合わせ方を知っていればすべてを知っているのです。」

 これに対してルソーは言う。


「このように推論するほど感情と趣味が欠けていて、絵画がもたらしてくれる快楽を愚かにもその芸術の物質的側面に限定してしまうような画家がいたらわれわれは何と言うだろうか。」

「つまり絵画は視覚に快いように色を組み合わせる術ではないのと同様に、音楽は耳に快いように音を組み合わせる術ではない。それだけなら、どちらも芸術ではなく自然科学のうちに含まれるだろう。」

 音楽を音の理論的な組合わせに、絵画を色の理論的な組合わせに還元する者は、芸術のことを何も分かっていない。そうルソーは言う。

 芸術とは、単なる科学的・物理的な刺激−反応ではなく、そこに精神の偉大さを感じさせるものなのだ。


それがわれわれの神経に引き起こす振動のみによって音を考えている限り、音楽の真の原理も、心に対する音楽の力についての真の原理も得られることはないだろう。

われわれの感覚がわれわれに対してひき起こす最大の力が精神的な原因によるものでなければ、野蛮人に対しては無であるような印象に対してなぜわれわれはかくも感じやすいのだろうかわれわれの最も感動的な音楽はカリブ人の耳にとってはうつろな騒音にすぎないのはなぜだろうか

 したがって、音楽の起源は和声などにではなくメロディーにあると言わねばならない。

 メロディーこそが、人間の情念、その精神の豊かさを最も表現するものであるからだ。


旋律は声の変化を模倣することによってうめき声、苦痛や喜びの叫び、脅し、うなり声を表現する情念の音声的記号はすべて旋律の領域に属している旋律は語の抑揚や、各語において心の動きに用いられるい回しを模倣する旋律は模倣するだけでなく語り、分節はないが生き生きとしていて熱烈で情熱的なそのことばづかいは音声一言語そのものよりも百倍も力強い

しかし和声は旋律を束縛することによって旋律から力強さと表現力を奪い、旋律から情熱的な抑揚を消し去りその代わりに和声的な音程を置き、弁舌の調子の数だけ旋法があるはずの歌を二つの旋法だけに従わせ、その体系に収まらない無数の音や音程を消し去り破壊してしまう

 芸術を物理的法則に還元してしまう芸術家を、ルソーは改めて次のように批判する。

彼らは、この芸術を純粋に身体的・物理的な印象に近づければ近づけるほどこの芸術をその起源から遠ざけてしまい、原初の力強さをそいでしまう。声による抑揚を離れて和声の制度に専念することで、音楽は耳にとってよりうるさくなり、心にとって甘美さをより失った。音楽はすでに語るのをやめてしまった。やがて音楽は歌わなくなり、そのすべての和音と和声全体をもってしでもわれわれに何の効果も及ぼさなくなるだろう。    


5.言語と政治

 最後に、ルソーは当時の政治社会と言語との関係について次のように言う。


説得が公共の力の代わりとなっていた古代においては、雄弁は必要だった。公共の力が説得を代補している今日では、雄弁は何の役に立つだろうか。「これが朕の意志である」と言うには、芸も文彩も不要である。

社会は最終的な形態を取った。大砲と金貨をもってしないと何も変わらなくなり、「金を出せ」ということ以外に民衆に言うべきことがなくなったので、それは街角の張り紙か家々に入る兵士をもって言うのである。そのためには人を集める必要はない。むしろ臣民は散らばったままにしなければならない。それは近代政治の第一の格言である。

 絶対王政の時代、言語はただの「命令」の言語になりはてた。人びとを結び合わせる情念的な言語は、絶対君主にとっては邪魔なのだ。

『人間不平等起源論』や『社会契約論』の主題が、本書でもまた別の角度から述べられているのが面白い(『人間不平等起源論』『社会契約論』のページ参照)。



(苫野一徳)

Copyright(C) 2017 TOMANO Ittoku  All rights reserved.