及川平治『分団式動的教育法』


はじめに

 デューイキルパトリックモンテッソーリパーカーストなど、世界中に広がったいわゆる「新教育」を、日本において最も早い時期に手がけた先駆者、及川平治。(上記教育理論家・実践家たちについては、デューイ『学校と社会』、キルパトリック『プロジェクト・メソッド』、モンテッソーリ『モンテッソーリ・メソッド』、パーカースト『ドルトン・プランの教育』のページ等参照)

 本書は、及川の提唱した「分団式動的教育法」の体系が描かれた、理論書にして実践書だ。

 「分団」とは要するにグループのこと。「動的」とは、従来のような静的なカリキュラムや指導法から抜け出して、個々の子どもたちの生き生きした活動を中心に据えた授業のあり方を表した言葉だ。

 新教育といえば、学びの個別化協同化プロジェクト化を中心とした学びの方法を提唱した教育として知られているが、まだその土壌が十分整っていなかった日本において、及川は、個別学習と一斉授業の、いわば折衷案としての「分団式」を提唱した。

 以下、当時としてはきわめて画期的だった、及川の教育理論を見ていくことにしよう。


1.三大主張

 本書の最初に、及川は自らの教育論の「三大主張」を次のように述べる。


1.静的教育を改めて動的(機能的)教育となすべきことの主張
2.教育の当体(児童)に存する事実を重んずべきことの主張
3.真理そのものを与うるよりも真理の探究法を授くべきことの主張

 あえて説明を要しないだろう。


2.分団

 及川がいう「分団」とはいったい何か。


「分団式教育法とは、1.児童の能力に応じて題材を統制すべきそれぞれの地位に据え
2.児童の能力に応じてそれぞれ適当に努力せしめ、
3.児童の能力に応じてそれぞれ適切に輔導する、をいうのである。」

 これは要するに、今日でいうところの「能力別編成」に近いもののように思われる。


 ただここで重要なのは、この「分団」は「可動的」である必要があるということだ。及川はいう。


「余が学級教育の本体として主張しまするのは可動分団式教育である。」


 グループを固定せず、子どもたちの成長に応じて、文字通り動的にグループを編成し続けるのだ。


 ちなみに、実は今日では、「能力別」あるいは「習熟度別」といわれるクラス編制は、(あくまでも一般的にはだが、)その恩恵を受けるのは上位クラスのさらにごく一部に過ぎず、多くの子どもたちにとっては、さほど効果的ではない、むしろ逆効果であることも多いことが明らかにされている。


 さらに、習熟度別指導は、子どもたちの学力格差をより拡大する問題もあると指摘されている。(以上の点については、佐藤学『習熟度別指導の何が問題か』に詳しい。)




 及川自身も、この学力格差の拡大については意識していたようだ。しかしその上でいう。

分団式は児童の優劣の間隔を失わしむるものではなくて、むしろ優劣の差を大ならしむる傾きのあるものである。しかしながら優等、普通遅滞児の学力操行の水準を高むるは確かであるすなわち、個々の児童は大いに学力操行が進んでくるけれども、優劣のはやはり存するのである分団式を採用すれば児童の能力が均等になると思うは誤解である。

 このあたり、現代の観点から見てどう及川を評価するか、意見の分かれるところといえそうだ。

 しかしいずれにせよ、及川が当時の新しい教育方法の先駆者であったことは間違いない。彼以降、時代の後押しもあってさまざまな教育方法が登場するが、及川の時代、そうした教育を可能にする土壌は、ほとんど整っていなかったのだ。及川はいう。

各児の必要に応じたる個別教育は事実不可能であるまた個別教育をもって、学級教育にまさるものと速断してはならぬさりとて現行学級教育をもって正式教育とすることもできない余はここにおいて児童木位の学級教育を主張したいと思う分団式動的教育は児本位の教育である。」


3.能力不同

 及川の「分団式動的教育法」には、子どもたちの「能力不同」という事実認識がある。

 その際及川は、子どもを優秀児中庸児異常児に分け、さらに異常児を、やや低弱なれども被陶冶性あり。普通の小学校教育を施すべきもの(第一種異常児)」と、被陶冶のはなはだ少なきかまたは全くこれなきもの、特殊学校または白痴院に収容すべきもの(第二種異常児)」とに区別する。

 そしていう。

「第一種異常児は普通の学級教育に個別教育を加味すれば救済ができるのでありまするし、二種異常児は学級を異に全く個別教育によらなければ救済ができぬものでありまする。

 このあたり、現代的にはやや問題ある表現も多いようには思われるが、わたしたちは、これはあくまでも当時の一般的なものの見方だったということを理解しておく必要がある。

 しかしいずれにせよ、及川が、知的障害のある子どもたちも皆、個別に十分な学習の機会を与えられなければならないと考えていた点は、今なお注目に値するだろうとわたしは思う。


4.落第制批判

 それゆえ及川は、当時の落第制を次のように批判する。

「現行教育のごとく、一斉教育をもって本体の教育と誤解し、さかんに遅滞児を製造しておいて、平素その救済法を講ぜず、学年末に至ってにわかに落第の宣告をなすがごときははなはだ不親切なやり方である純理より言えば、教育には落第度を設くべきものではないのである

 一斉教育をすれば、それについていけない子どもが続出するのは当然のことだ。にもかかわらず、今の教育は、そうした子どもたちを量産し、なお一斉教育を受けさせ続けている。

 そうした子どもたちに必要なのは、十分な個別教育の機会であるはずだ。

 そう及川は主張した。日本における新教育の揺籃期においては、やはり先見の明ある、ラディカルな主張だったといえるだろう。

(苫野一徳)

Copyright(C) 2013 TOMANO Ittoku  All rights reserved.