クリステンセンほか『教育×破壊的イノベーション』


はじめに

 「学び方」は、人によってそれぞれだ。

 にもかかわらず、学校は子どもたちに、同じ学習内容を、同じやり方で、そして同じペースで勉強させている。

 それはあまりに非効率的なやり方だ。

 本書は、企業のイノベーション研究の第一人者であるクリステンセンらが、その知見を用いて、学校をいかにより効果的な教育機関へと変革していくことができるかを論じたものだ。

 従来の「教育(学)研究」は、学校や教育といったものに内在的に行われることが多かった。

 それに対してクリステンセンらは、ここにイノベーション研究の知見を持ち込み、文字通り、教育研究に「破壊的イノベーション」を起こしてみせた。

 教育の「専門家」は、得てして、既存のパラダイム内でしか教育を考えられなくなってしまいやすい。

 そうした意味でも、本書は、教育者・教育研究者に新たな視野を開いてくれる、多くの教育関係者に読まれてほしい貴重な本だ


1.人によって学び方が違うのに、なぜ学校は教え方を変えられないのか?

 学び方は人それぞれ。これはほとんど常識的なことだといっていい。

 でも従来の学校は、それを十分に考慮してきたとはいえない。著者は言う。

人によって学び方が違い、学習の経路とペスを一人ひとりの生徒に合わせる必要があるという共通認識があるのに、なぜ学校は指導やテストを行なう方法を標準化するのだろうか?

 この問いに答えるために示されるのが、「相互依存的アーキテクチャ」「モジュール式アーキテクチャ」という概念だ。

 学校は相互依存的アーキテクチャだ。つまり、カリキュラム、指導方法、教師教育、行政にいたるまで、学校設計におけるあらゆる面が相互依存的にがんじがらめになっていて、どれか1つを変えようとすれば、その他の設計も大きく変えなければならないようなシステムになっている。

「他方、モジュール式アーキテクチャは柔軟性を最大限に高めるため、カスタマイズが容易だ。いくつかの部分を変更しても、他のすべての部分を一から設計し直さなくてすむため、さまざまなニーズに合わせて、本格的なカスタマイズを比較的容易に行なうことができる。」

 学校を、できるだけこのモジュール式アーキテクチャに近づけていくために、私たちには何ができるか?


2.破壊的イノベーション

 ここで登場する概念が、「破壊的イノベーション」だ。

破壊的イノベーションは、飛躍的な改良とは違う。確立した競争平面での従来の改良軌跡を維持するのではなく、既存企業が従来阪売していたものには劣る製品やサービスを市場にもたらすことで、従来の軌跡を破壊するのだ。この種のイノベーションは、性能面で劣っているため、〔中略〕既存顧客には使うことができない。だがより手頃で使いやすい製品を生み出すことから、奥の平面の製品をそれまで消費できなかった人たち――無消費者と呼ぶ――には役立つ。

 要するに、破壊的イノベーションとは、新しい消費者層を開拓することで、従来のサービスのあり方を破壊するようなイノベーションのことである。

 教育に、この破壊的イノベーションを持ち込もう。クリステンセンらはそう主張する。


3.コンピュータを破壊的に導入する

 そのためにまず手っ取り早く着手できるのが、コンピュータの破壊的導入だ。

 いうまでもなく、学校にはすでにコンピュータが導入されている。しかしその導入のされ方が問題だ。

「学校がこれほどの大金をコンピュータに費やしながら、ほとんど成果を挙げていない理由を理解するのは難しいことではない。学校は既存の指導モデルや教室モデルにコンピュータを押し込んできたのだ。〔中略〕つまり、既存の慣行や指導法を置き換えるのではなく、維持するために導入しているのだ。」

 したがって、新しい導入のされ方が必要だ。

 それは2つの段階を経ると著者は言う。

 第1段階は、「コンピュータベースの学習」と呼ばれる。

この段階のソフトウェアの教授方式は、各科目で支配的なタイプの知性や学習スタイルをほぼ反映したものとなる。」

 第2段階は「生徒中心の技術」と呼ばれる。

「破壊の第二段階を、われわれは「生徒中心の技術」と呼ぶ。この段階では、生徒が自分の知性のタイプや学習スタイルに即したやり方で各科目を学べるソフトウェアが開発される。コンピュータベースの学習が、一枚岩的な教師先導型の教授方式にとって破壊的であるのに対し、生徒中心の技術は、個別指導教員にとって破壊的である。」

 徹底的にカスタマイズされた、コンピュータベースの学習モデル。これがやがて、十分に体系化されることになるだろう。クリステンセンらはそう主張する。

 そうなると、学校はこれまでのような勉強の場ではなくなるだろう。学校の意義と役割は、変わっていかざるを得ない。オンラインでは提供できない活動が、学校における活動の中心になるだろう。

「教師は来る年も来る年も画一的な授業を行ないながらほとんどの時間を過ごす代わりに、生徒の間を回って、一人ひとりが問題を解決する手助けをすることに、今よりずっと多くの時間を費やせるようになる。生徒が自分に最適な学習方式を探す手助けをする、学習コーチやチューターに近い役割を果たすようになるのだ。」


4.変革はいかに可能か?

 では、学校をこのような「生徒中心の技術」を土台とした教育機関にするために、私たちはいったい何をすべきだろうか?

 先述したように、学校は「相互依存的アーキテクチャ」だ。だから、その一部に手を入れて全体を変革することはむずかしい。

 じゃあどうすればいいのだろうか?

「破壊は、規制者の力の及ばない、完全に独立した商業システムの中で力を得ている。新しい商業システムが存続可能で古いシステムよりも優れていることがいったん証明されれば、大半の顧客が規制されないシステムに流れ、その動きが既成事実化してから規制者が追認する。

 つまり、従来の学校とはまた別のタイプの学校なり教育サービスなりを作って、その効果を既成事実化してしまえ、というわけだ。破壊的イノベーションは、既成のパラダイムにとらわれない、まさにそうした場所から起こるのだ。

 その具体的な例として、クリステンセンらは「チャータード・スクール」「プロジェクトベースの学習」を挙げる。

 チャータード・スクール(一般にはチャータースクールと呼ばれるが、本書ではあえてチャータードとされている)とは、公設民営の学校のこと。地域のニーズに応じて、地域住民で作る学校だ。

 プロジェクトベースの学習とは、生徒自身がみずから課題を設定して、教科横断的に学びを進めていくスタイルの学習のこと。

 こうした、従来の学校とは異なったモデルを次々と実施していくことで、学校教育には破壊的イノベーションがもたらされるだろう。クリステンセンらはそう主張する。

 そこでこれからは、次の3ステップを踏んで、学校が変革されていくべきだ。


1.うまくいっている学校モデルの体系化
2.状況に基づく因果関係の体系化
3.モデルの複製


 学びのあり方は人それぞれ。どういうタイプの子どもにどういうタイプの学び方が合っているか、その「因果関係」をしっかり明らかにして、体系化し、モデルを構築しよう。

 クリステンセンらはそう主張する。


(苫野一徳)

Copyright(C) 2013 TOMANO Ittoku  All rights reserved.