バーク『フランス革命についての省察』



はじめに


 「保守主義の父」と呼ばれるバーク。英国下院議員やグラスゴー大学の学長も務めた。

 本書は、フランス革命についての痛烈な批判として有名だ。

 本書のもとになったのは、フランス国民議会の支持者であった、友人デュポンに宛てて書いた手紙である。第2信を送ろうと思っていた頃に、牧師プライスの『祖国愛について』を読んで激怒、本書を、これについての反駁から書き起こすことを決意した。

 フランス革命とその思想について、本書ではこれでもかというほどに批判が繰り広げられている。

 バークの思想には、今日受け入れがたいものも多くある。しかし彼は、早くも1790年、その後の恐怖政治ナポレオン独裁を見通したかのような、フランス革命の未来を予測している。時代を見る目にかんして、当代随一の人物であったのは確かだろう。


1.フランス革命の思想批判

 バークは本書を、プライスの次の主張に1つ1つ論駁することから書き起こす。すなわち、フランス人民は、


1「われわれ自身の統治者たちをえらび」
「かれらを、非行のゆえに追放し」
「われわれ自身のために政府を形成する」

 権利を手にしたが、これはそもそも、1688年のイギリス名誉革命において手にされた権利であった、とする主張である。


 バークはこれに憤慨して次のように言う。


「イギリスの人民全体は、なにもそれにかかわりをもたない。


 なぜか。「権利の章典」を引きながら、バークは言う。

 まず1つめについて。

われわれ自身の統治者をえらぶ権利のかわりに、かれらは、その血統ジェイムズ一世からのプロテスタントの血統継承が、『国土の平和と静穏と安全のために』絶対に必要であること、そして、『臣民がやすんじて自己の保護をうったえうるような、その継承の確実さを支持する』のが、かれらにとってもひとしく緊急であることを、宣言した。

 イギリス人は、自ら統治者を選ぶのではなく、王位の世襲をこそ望んだのである。そうバークは言うわけだ。

 2つめについては次のように言う。

「かれら(名誉革命を起こした人々―引用者)が王を非難したのは、多くの歴然たる不法行為によって確認されたところの、プロテスタントの教会と国家を破壊し、かれらの基本的なうたがうべからざる法と自由を破壊しようとする、意図についてにほかならなかった。かれらは王が、王と人民の原契約をやぶったことを、非難した。これは、非行以上のものであった。」

 名誉革命は、王(ジェイムズ2世)を「非行のゆえに」追放したのではない。法の明らかな破壊のゆえに追放したのである。単なる「非行」を理由に王を追放するなど、あまりに野蛮な行為である。そうバークは主張した。

 3つめについて、バークは次のように言う。

チャールズ一世第三年の、有名な『権利の請願』とよばれる法律において、議会は王にむかってかれらの参政権を、抽象的諸原理にもといて『人間の権利』として主張するのではなく、イギリス人の権利として、かれらの祖先からひきついだ相続財産として、主張しながら、『あなたの臣民は、この自由を世襲してきました』といっている。」

 イギリス人は、プライスが言うように、「われわれ自身のために政府を形成する」ことを望んだわけではない。フランス革命が主張するように、「人間の権利」などという抽象的な原理を訴えたわけでもない。

 先述したように、イギリス人は、自らの自由を、伝統として引き継いでいると主張したのである。そうバークは言うわけだ。

 フランス革命が訴えた「人間の権利」について、バークは次のように言っている。

「もし、市民社会が慣習的とりきめの所産であるならば、その慣習的とりきめとは、それの法律であるにちがいない。その慣習的とりきめは、そのもとで形成されるあらゆる種類の国家構造を、限定し規制するものであるにちがいない。あらゆる種類の立法・司法・行政の権力は、その被造物である。」

 突然降ってわいたような、抽象的な「人間の権利」などない。われわれの権利や権力は、常に慣習的なものとして、歴史を通して形作られるものなのだ。バークはそう言って、不可侵の人民主権の思想を批判した。


 これは、「時効(prescription)の原理」と呼ばれている。歴史的に存在し今に至ったものごとは、まさにそれゆえにこそ尊重されなければならない、という考えだ。

 ちなみに、バークの生涯の論敵となったトマス・ペインは、本書に対する反駁として、『人間の権利』という書を著し、この「時効の原理」を一笑に付している。



2.自然


 さて、バークは以上のような名誉革命の思想を、これこそが「自然」な思想であると主張する。


われわれは、神をおそれる。われわれは、おそれをもって王を見あげ、愛情をもって議会を見あげ、義務感をもって為政者を見あげ、敬意をもって聖職者を見あげ、尊敬をもって貴族を見あげる。なぜか。それらの観念がわれわれの心にあたえられたとき、そのように感じられるのが自然だからである。」


 神や王をおそれ敬うことは、自然な感情である。したがって、われわれはこれをなくしてしまうことなどできない。そうバークは言うのだが、今日どれほどの説得力があるものか。


 思想において「自然」を持ち出す手法はしばしばみられるが、よほど気をつけない限り、それが説得力をもつことは難しい。

 何が「自然」であるかは、時代や国や宗教・文化によって多様であるため、一般化することが困難であるからだ。そしてまた、いわゆる「自然科学」的にそれを証明することも、究極的には不可能なことであるからだ。(言うまでもなく、自然科学はどこまでも仮説にとどまらざるを得ないものである。)


3.フランスの未来

 以上のように、バークの思想は思想としてはやや弱いものであるように私には思われるが、しかしそれでも、フランス革命の行く末の予測については、慧眼を誇っていたと言うべきである。

フランスを現在支配する権威を、どのような種類として分類すべきかを、私は知らない。それは純粋民主政治をよそおっているが、私の考えでは、まもなく有害で下劣な寡頭支配となる直接の系列にある。」

 その予測通り、フランス革命はその後、ロベスピエールによる独裁、恐怖政治、そしてテルミドールのクーデターを経てナポレオン独裁へと至った。まさに、バークが予測した通りであったと言えるだろう。


4.自由の美名

 言うまでもなく、バークは絶対王政の支持者であったわけではない。むしろ彼は、その厳しい批判者だった。しかし彼は同時に、「自由」とは放埒でわがままなだけの、絶対的自由であってはならないし、そうはあり得ないものであると考えた。

「知恵がなく徳がない自由とは、いったいなんであるか。それは、あらゆる可能な害悪のなかで、最大のものである。なぜならば、それは、愚行、悪徳、狂気であり、教導も抑圧も持たないものだからである。

 フランス国民議会が考える自由など、しょせんは放縦放埒な狂気にすぎない。それゆえ、抑制のきかない自由を主張するフランス革命は、やがて失敗に終わるに違いない。そうバークは考えたのだ。

 こうして彼は、本書を次のように締め括る。

「私は、あなたがたに、自分の感情を率直に語った。私は、これらの感情が、あなたがたの感情を、変化させそうではないとおもう。私は、変えなければならないとは、おもわない。あなたがたは若い。あなたがたは、あなたがたの国の運命を導くことはできないのであって、それにしたがわなければならない。しかし、今後、あなたがたのコモンウェルスがとるであろうような、ある将来の形態において、私の感情は、いくらかあなたがたに役だつかもしれない。」


(苫野一徳)




Copyright(C) 2012 TOMANO Ittoku  All rights reserved.