ホレース・マン『民衆教育論』

はじめに

 アメリカ公教育の父、ホレース・マン。

 ブラウン大学を主席で卒業して後、しばらく法律家として活躍した。

 その後マサチューセッツ州の教育長となり、世界に先駆けて公教育を整備化した。

 新興国家アメリカで、教育こそ何よりも重要な事業だと信じ活動したマンの、力強い思想が感じられる教育学の名著だと思う。

 マサチューセッツに入植したピューリタン移民たちが、新世界アメリカの将来の希望に燃えて、教育の無償制を導入したのが1647年のこと。

 それはフランス革命後の公教育整備に、150年も先駆けるすごいことだった。

 それから200年、マンはこの偉大な祖先たちの事業を、より完全なものとするため活躍した。

 まさに公教育の父。教育がまだ大きな大きな「希望」であった時代の息吹が、十分に感じられる。


1.教育の無償制の根拠

 マンがこの本を書いたのは、まず、世界に先駆けて教育の無償制を実現したマサチューセッツ州に、多くの人がその「原理」を知りたいと訪れたからだ。そしてまた、州内の教育関係者たちに対しても、ちゃんと公教育の「原理」を理解してもらう必要があったからだ。

 マンが何よりも基礎づけたかったことは、教育の「無償制」だ。

 入植から200年、3世代、4世代目のアメリカ人たちの中には、次第に、自分の稼いだ金が教育税として徴収されることを、拒否する者たちが現れるようになった。

 そこでマンは、なぜ教育が無償でなければならないのかを説いたわけだ。

 マンによると、自然というのは、誰のものでもない。それは神のもとに共有されるべき財産だ。だからこれは自分のものだと言ったって、ほんとうはそもそも、それは全人類のためにあるものなのだ。

「したがって、どのような手段を用いて財産を手に入れたとしても、威厳ある世代の継続進行において、次代の継承の要求や主張を無視して、財産を保持し、処分するいかなる自然的権利も、いかなる道徳的権利も、何人も有していないことは抗すべからざる結論ではないだろうか。」

 プロテスタントの国アメリカであってみれば、そしてまた、大自然の広がるアメリカ大陸にあってみれば、このような思想が出てくるのも当然のことだろう。

 財産はほんとうは自分個人のものではなく、子孫のために使われるべきものだ。

 この思想が、マンの公教育「無償制」の根拠を支えている。

 しかし今からみれば、これはかなり無理がある議論だと思う。

 自分で働いて獲得したものも、そもそもは神のもとにおいて人類共通のものなのだから、これを他人のために差し出せ、といわれても、納得しない人は多いだろう。

 私の考えでは、教育の無償制の根拠は、「合意」以外にありえない。社会がうまく成立していくためには、そしてその中でちゃんと生活できるためには、教育は無償制であることが最もよい。そのような「合意」があって初めて、公教育の「無償制」は正当化されるのだ。

 ともあれ、それでも本書からは、マンの、世界に先駆けて「無償制」を達成したマサチューセッツ州教育長としての面目躍如たる気概を感じることができる。


2.功利主義的教育観

 マンは、とにかくみなが教育を受けられるようにならなければと考えた。

 しかし当時は、子どもを学校にやるくらいなら働かせたほうがよっぽどいい、と考える親たちもまた多かった。

 そこで彼は、教育がどれほど経済的にも立身出世的にも有効であるかを説く。

 そうして全体の福祉を上げること。教育を偉大な平等化装置とすること。これが、マンの大きな希望だった。有名な言葉を引用しておこう。

「されば教育は、人間が考えだした他のあらゆる工夫にまさって、人々の状態を平等化する偉大なはたらきをするものである。教育は社会という機械の平衡輪である。」


3.宗教の中立性

 マサチューセッツは唯一、信仰の自由を認めた州だった。そして学校教育においても、マンは宗教の中立性を確立した。

 しかし信仰心あふれるプロテスタント信者たちは、そんなマンを非宗教的であるといって批判した。

 マンは本書で、自分は信仰の人であることを十分に述べている。しかしそれでも、学校は宗教に中立的でなければならない。宗教に「解釈」が入った場合、それは解消しえない「対立」を生んでしまうからだ。

「もし教理上の宗教問題が大人たちによって、かれら自身のために、あるいはそれが親によって、かれらの子供たちのために決定されるにまかせられうならば、数多くのまだ重大な誤謬が学校の授業の中に入りこんでくるということがいえると思う。」

 当時の圧倒的多数の流れに逆らってまで、公教育の「原理」を確立しようとした。

 マンは偉大な、「公教育の父」であったと私は思う。

(苫野一徳)



Copyright(C) 2009 TOMANO Ittoku  All rights reserved.