アウグスティヌス『神の国』

はじめに

 地上の国神の国について論じた長大な書。

 正直言って、私の読書経験の中でも最も読むのに苦労した本だった。

 難しいのではなく、つまらない・・・(笑)そして長い・・・(岩波文庫で全5巻)。読んでいる間は苦行だった。

 いや、所々興味深い箇所はある。さすがは古代キリスト教神学最大の知識人、当時としてはほんとうに恐るべき博識を披露してくれている。

 しかしほとんどが、異教の神々を批判しつつキリスト教の優位を説く、実に見事な詭弁で貫かれている。その論法は、今読むと色んな意味で面白い。キリスト教が絶対という結論ありきの論だてだから、強引な辻褄合わせや歴史の歪曲(?)など何でもありだ。

 しかしキリスト教圏の文化に、本書は絶大な影響を与えたらしい。そして西洋思想に、今もなお色濃い影響を与え続けている。(W. コノリーによると、「個人の自己責任」といったアイデアはアウグスティヌスまでさかのぼることができるらしい。『アイデンティティ/差異』のページ参照。)

 キリスト教を何としても絶対のものとして打ち出してやろうとする、ただならぬ気迫に満ちている。当時の時代の息吹が感じられる、その意味では心に残る大著だと思う。


1.キリスト教批判に抗して

 410年、ゴート族によってローマが陥落した。キリスト教徒たちは、なぜ神は自分たちを守ってくれなかったのかとキリストの神に疑念を抱くようになった。

 本書は、そうしたキリスト教批判を退けるために書かれたものだ。

「それらの人びとは、その邪悪な行状のゆえに当然こうむるべき災厄をキリストに帰して、神を汚すのであるが、しかしかれらがそのように邪悪なものでありながら、キリストのゆえにゆるされたことについては考慮に価すると考えない。」

 アウグスティヌスは言う。あの蛮族ゴート人たちは、しかしローマにおいて残虐の限りを尽くしたわけではなかったではないか、と。

「このことは、キリストの御名に、キリストの御代に帰せられるべきであるが、それがわからないものは盲目であり、それがわかっていながら賞めたたえないものは忘恩であり、またそれを賞めたたえるものに逆らうものは不健全である。」

 のっけから物凄いレトリックだ。災厄があっても最悪というほどじゃない。それは神のおかげなのだ。



2.なぜ神の慈悲は不敬者にも及ぶのか

 アウグスティヌスのこの問いが面白いので、紹介しよう。彼はこの問いに、次のように回答する。

「神のむちうちが善きものに忍耐を教えるように、神の忍耐は悪しきものを悔い改めにみちびくのであり、また、神のきびしさが悪しきものを罰するために叱責するように、神の慈悲は善きものを養護するために抱擁するのである。」

 善人には忍耐を教え、悪人は悔い改めへと導くために、というわけだ。

 神がいるのになぜ悪はなくならないか、という、古くから続く神学的論争に対するアウグスティヌスなりの答えと言えるだろう。


3.神の名のもとの戦争

 アウグスティヌスは、自殺は厳しく禁じるが、戦争や殺人については、それが神の命令であればよしとする。

「神の命令によって戦争をしたり、あるいは公けの権力を代表して、神の律法すなわち、もっとも公正な命令の理由にしたがって、極悪な罪を犯したものらを死をもって罰した人びとの行為は、『殺してはならない』といわれている誡命にけっして反したものではない。そしてアブラハムもまた、自分の息子を殺そうとしたのは、邪心からではなく、神の命令にしたがってであったから、ただ残酷の罪をとがめられないだけではなく、敬虔の名をもってほめられたのである。」
 
 なかなか「やばい」レトリックのように感じるが……。

 これが、後の宗教戦争を正当化する論拠になったのではないかと邪推してしまう。


4.自由意志とは何か

 『神の国』の1つの山場が、このテーマだろうと思う。(『告白』でも同じテーマが取り上げられている。)

 一切が神によって決められているなら、自由意志などないはずだ。そう考える者たちがいるが、それは間違いだ。そうアウグスティヌスは主張する。

「神にとって、原因の秩序が定まっていても、そのゆえになにものもわたしたちの意志の自由な選択によるものがないという帰結は生じない。じっさい、わたしたちの意志自体も、原因の秩序に属するものであり、この秩序は、神によって定まっていて、神の予知のうちに生れているのである。というのは、人間の意志は人間の行為の原因であるからである。」

 神の意志に包含されながらも、なお人間には自由意志がある。アウグスティヌスはそのような論法によって、人間の自由意志を担保した。かなり苦しい理屈ではあるが、ひとまずこの辻褄合わせで決着をつけたというところか。


 この後、ギリシャローマの歴史が語られる。プラトン聖書を読んだのではないかとか、ローマの繁栄は神のおかげとか、興味深いくだりがいくつかある。



5.神の国

 原著第11巻から、アウグスティヌスはいよいよ「神の国」について論じていく。神の国とはつまり、聖書に記されている国のことだ。

「わたしたちが神の国とよぶのは、聖書の証言するところの国である。」

 以下のアウグスティヌスの記述は、すべてが聖書の注釈となっている。あるいは、聖書に反論する人への反批判である。

 興味深い箇所をいくつか紹介しよう。

 まず、この世は神が創造したものではなく、永遠に続いてきたものである、という者への批判。

「世界は永遠であって、はじめがなく、したがって、神によってもつくられたとは考えられないと主張するなら、そういう人びとは、ひどく真理から離れ去って、不敬の致命的な病に狂うものである。〔中略〕かれらは、それ以前にけっして存在しなかった新しい不幸がどうして魂に起こったかを説明できないであろう。」

 今われわれの世界には不幸がある、もしも世界が永遠に続いているのなら、不幸なんてないはずじゃないか、と、アウグスティヌスは言うわけだ。中々興味深いレトリックだ。

 ちなみにカントは、世界に始まりがあるかないかという形而上学的問いは、人間の理性の本性からいって絶対に答えられない問題である、と「証明」したが、カントも間違いなくアウグスティヌスのこの箇所を読んでいただろう。(『純粋理性批判』のページ参照)

 続いて、かなり無茶苦茶な歴史解釈も紹介しよう。

 聖書の記述から計算して、アウグスティヌスは、自分たちの時代が天地創造から約6000年後にあると言っている。

 もちろん、現代では地球は46億年の歴史を持っていると言われているわけで、アウグスティヌスの計算はさすがに信憑性に欠ける。しかし彼はさらに、エジプトの歴史文書を読んで、こんなことまで言ってしまうのである。

 エジプトの歴史文書によると、アッシリア王国5000年以上も続いたとされている。しかしそれでは聖書の記述に合わない。だからこう考えよう。

「エジプト人は昔、四か月をもって一年とするという短い年をもっていたのではないかと報ぜられる。」

 何とも強引な解釈だ。現代のわれわれが笑うのは容易いが、アウグスティヌスには切実な問題だったのだろう。

 あるいはアウグスティヌスは、あのアダムイブのいた楽園では、性交は情欲なしに行われたはずだと主張する。もっとも性交の前に失楽園があったから現実には行われなかったのだが、と。中々無茶苦茶だが面白い。

 最後に、地上の国と神の国の違いについて引用しておこう。

「このようにして、二種の愛が二つの国をつくったのであった。すなわち、この世の国をつくったのは神を侮るまでになった自己愛であり、天の国をつくったのは自己を侮るまでになった神の愛である。一言でいえば、前者は自己自身において誇り、後者は主において誇るのである。」

 以上、かなり私の関心に沿うように『神の国』を散歩してきたので、ここに神学的、歴史的価値を見出す専門家の方たちからはお叱りを受けるかも知れない。私としては、むしろそうした専門家の方たちに、本書の現代的意義を教えていただきたいと願っている。

(苫野一徳)



Copyright(C) 2010 TOMANO Ittoku  All rights reserved.