ライプニッツ『モナドロジー』

はじめに

 17世紀ドイツにおける、知の大巨人ライプニッツ。

 スピノザと共に、大陸合理論の代表的哲学者として知られている。

 合理論とは、世界の真理を、合理的な推論によって描き上げようという企てのことだ。

 その際、スピノザは、唯一にして全であるに一切を還元した(スピノザ『エチカ』のページ参照)。

 対照的に、ライプニッツの思想は極小の「モナド」に辿り着く。

 スピノザ『エチカ』のページでも述べたように、彼らの思想は、いずれも「世界はこうなっているはずである」という推論の体系であり、決して検証することのできない「形而上学」だ。こうした形而上学は、彼らの後に現われたカントによって、その無効性が明らかにされることになる(カント『純粋理性批判』のページ参照)。

 それゆえ本書が描く世界像もまた、私の考えでは、とうてい現代に耐えうるものではない。

 しかしそれでもなお、スピノザ同様、世界のすべてを「合理的」に解き明かそうとした、人間の推論能力の執念のようなものは十分に感じられる。


1.モナド

「モナドとは、複合体をつくっている、単一な実体のことである。単一とは、部分がないという意味である。」

 イメージとしては、現代物理学における素粒子の概念、つまり物質を構成する最小単位のようなものといっていいだろう。

 このモナドは、神の創造によって生じ、絶滅によってのみ滅びる、とライプニッツは言う。

 世界はすべて神の創造なのだ。

 とは言うものの、このモナドは変化する。そしてその原因は、外的ではなく内的なものである。

 スピノザにとって、一切は神の定めの中にあった。しかしライプニッツの思想においては、神の定めに収まり切らない、自発的運動の可能性が含意されている。

「モナドには、そこを通って何かが出入りできるような窓はない。」
  
モナドは他の何ものとも無関係に、自らの内的原理によって変化することができるのである。

 


2.予定調和



「魂には魂自身の法則がある、体にも体自身の法則がある。それでいて両者が一致するのは、あらゆる実体のあいだに存在する予定調和のためである、そしてその調和が可能なのは、どの実体も、みな同じ一つの宇宙の表現にほかならないからである。」



 デカルト二元論を、ライプニッツはこのような予定調和の思想によって乗り越えようと試みた(デカルト『省察』のページ参照)。

 精神の法則と物体の法則は、確かに別物であるかも知れないが、実はそれは神の世界において見事に調和している。ライプニッツはそのように言う。

 さらに彼は次のように言う。

「自然の物理的世界と恩寵の倫理的世界とのあいだに、もう一つ別の調和がある。」

 あらゆる法則が神のもとにすべて統一されている以上、道徳にも神の法則がある。したがってこれに従えば人は賞を受け、逆らえば罰を得る。

 一事が万事、検証不可能な形而上学だと言わざるを得ない。


 先述したように、こうした形而上学は、この後18世紀、ドイツの哲学者カントによって乗り越えられていくことになる。

(苫野一徳)

Copyright(C) 2009 TOMANO Ittoku  All rights reserved.