コント『実証精神論』

はじめに

 実証主義の祖、コント。

 神学形而上学を廃し、究極原因ではなく法則を探究することを提唱した。

 その姿勢それ自体は、極めて妥当なものだ。

 自然や社会の法則を「実証的」に明らかにすることで、人間の未来に貢献すること。

 誠実で熱い夢だったと思う。

 しかし今日、コントが夢みたような実証主義の勝利は、さまざまな問題によって挫かれている。

 学問の新たなブレイクスルーを志すためにも、近代実証主義の精神がどのようなものであったか、よく知っておくことは重要だろう。そしてその問題点も含めて、以下かいつまんで見ていくことにしよう。


1.3段階の法則

「人間の思索はすべて必然的に三つの理論段階を通過する。神学的段階、形而上学的段階、実証的段階である。」
 
 かつてカントが明らかにしたように、人間の理性は必然的に究極原因を求めてしまう。そこから、神学形而上学(絶対を探究する学)が生じた。しかしやはりカントが明らかにしたように、究極原因など結局は人間には知りえない問題である(カント『純粋理性批判』のページ参照)。

 そこでコントは次のように主張する。

 われわれは、代わりに自然や社会の「法則」を探究しなければならないのだと。

 そしていう。

「これは決して絶対的になってはならないのであって、常に人間の内的組織や外的状況に対して「相対的」でなければならない。」

 実証主義の祖といえば、絶対不変の自然や社会の法則があって、これを認識すれば必ず人間の幸福が得られるのだ、といった、素朴な実証精神の持ち主を思い浮かべるかも知れない。

 しかしコントは、法則も結局は相対的なものであることをちゃんと認識していた。

 何と言っても彼の目的は、

「変化のただなかに安定を見出すことによって、秩序と進歩の同時的要求を等しく満たすことである。」

 だから法則が絶対的であろうが相対的であろうが、その認識によって安定が見出されればそれでいいのだ。

 とてもバランス感覚に富んだ指摘だと思う。


2.道徳について

 ところが道徳については、コントは次のように言っている。

「道徳秩序の問題は困難なものではあるが、正しく取り扱えば、幾何学の結論と全く同じように確実な結論を出すことができると、私はあえて断言するものである。」

 コントにとって、自然や社会の法則は相対的なものなのに、どうやら道徳だけは違うらしい。


 コントは、絶対不変の道徳法則がある、と考えていた節がある。これは後のデュルケームにもみられる構えだが、このあたりは、先の主張からすれば少し整合性に欠けているのではないかと思う(デュルケーム『道徳教育論』のページ参照)。





3.諸科学の序列

「これは、数学的段階から発して、天文学、物理学、化学、生物学、社会学、へと至る。」

 「実証度」の高いものから始まって、徐々に実証困難なものの「実証性」もまた上げていく。

 そうすれば、われわれは社会のあらゆる現象を。「予見するために見る」ことができるようになるだろう。

 そうコントは言う。

 なかなか説得力のある考えだし、今日の社会科学は、基本的にこの「実証主義」の精神を継承している。

 しかし現代では、何が「実証的」であるかをめぐる対立が大きくクローズアップされている。

 数学などの「実証性」は、かなりの程度万人に共通のものだ。

 しかし「社会」や「心理」などに関しては、それは観察する人の立場や考えや観点によって、その「実証性」が変わってくる。

 この問題は、今なお、実証学問のあらゆる場面で噴出しているものである。

 もっとも私の考えでは、この問題はフッサールの現象学によって原理的に解き明かされている。詳細は、ぜひフッサール『ヨーロッパ諸学の危機と超越論的現象学』のページなどを参照していただきたい。

(苫野一徳)

Copyright(C) 2009 TOMANO Ittoku  All rights reserved.