セン『自由と経済開発』


1.「開発」とは自由を増大させることである

「開発とは、人々が享受するさまざまの本質的自由を増大させるプロセスであると見ることができる。」

 途上国における経済開発。これは、単にインフラを整えたり経済支援をしたりするだけのことではない。センはそう主張する。

 開発の目的、それは、人々の「自由」を増大させることなのだ。そして言う。

「もろもろの自由は開発の基本的な目的であるばかりでない。自由は開発の、主要な手段でもある。」


2.増大されるべき自由とは何か

 ではこの「自由」とは何か。センは、功利主義リバタリアニズムロールズらの議論を批判的に検討しながら、独自の自由論を展開する。

 それが「潜在能力」(ケイパビリティ)という考え方である。

「ある人が価値あると考える生活を選ぶ真の自由――潜在能力――だということだ。自らの目的を追求するための個人としての真の機会に焦点を当てることが本当の目的ならば(ロールズがはっきりと勧めているように)、人それぞれが持っている『基本財』だけでなく、その『基本財』を自分の目標を促進する能力に転換する過程を左右し得る個人の特性も計算に入れなければならない。」

 ロールズのいう基本財(primary goods)とは、基本的人権、教育などの機会、所得、など、自由に生きるために必ず必要なものをさす。センはしかし、これら機会をちゃんと自分のものにしうる力や環境もまた、整備されなければならないのだと主張する。ロールズの「基本財」を、より深めた発想だと言っていい。「基本財」がかなり固定的であるのに対して、「潜在能力」は、状況に応じて多様に描くことができる。

 特に、「所得」にばかり目が行きがちな開発において、「潜在能力」の概念は、人々が必要とするもっと多様なものに目を向けさせる。センは言う。

「情報ベースを所得から基本的潜在能力に拡大すれば、不平等と貧困に関するわれわれの理解は飛躍的に屈まる。」

「すなわち医療と保険のための資金手当て、公的教育の提供、地域の安全体制等々である。」


3.民主主義の重要性

 センは、上記「潜在能力」の観点から言っても、民主主義がきわめて重要だと主張する。

 というのも、開発される側の当事者にとって、何がほんとうに必要かを見極めるためには、自由な参加的討議が不可欠であるからだ。求められる「潜在能力」の内実は、当事者の民主的討議によってしか決定できない。

「基本的な政治的権利の行使の結果、経済的必要事には政策的対応が生まれるだけでなく、『経済的必要事』そのものの概念化――理解も含む――がそのような権利を要求する可能性を大きくするのである。経済的必要事――その内容と力――が何であるかを正しく理解することは討議と意見の交換を要求すると言うことができる。」

「何が必要であるかの認識すら、一般の人々の参加と対話の性格によって影響されないわけにはいかないのである。公開の討議の持つ大きな力は民主主義の相関物の一つであるだけでなく、この力を育てることが民主主義そのものをより良く機能させることになる。」


4.飢饉、女性の力、人口問題

 「潜在能力」の観点からセンが言及する、具体的な事例についても触れておこう。

 近代において、民主主義国家において飢饉が起こったことは一度もない。対して、独裁国家、全体主義国家では、飢饉は何度も起こった。

「支配する者とされる者との社会的、政治的な距離は、飢饉を防止できない場合の決定的な要因となるのである。」

 また、女性の「潜在能力」(識字率、社会的地位など)の向上は、幼児死亡率の低下と人口増加の抑止につながることも分かっている。

 一人っ子政策をとっている中国では、女の子が生まれた時に殺してしまうというおぞましい報告もあるという。むりやり人口抑制しようとするのではなく、女性の潜在能力を高めたほうが効果的であるはずだ、というのがセンの考えだ。


5.正義を柔軟にとらえる

 最後に、センの柔軟な正義についての考えを紹介しておきたい。

「『社会的正義』の判断は気の遠くなるほどの正確無比さを要求するものではないとも主張できる。」

「正義は大砲のようなものであり、一匹の蚊を殺すために撃つ必要はないのだ(古いベンガルの諺が言うように)。」

 柔軟に、状況に応じて、何が正義にかなっていないか、何が人の自由をさまたげているか判断しよう。センはそう主張するのだ。

(苫野一徳)



Copyright(C) 2010 TOMANO Ittoku  All rights reserved.