フロイト『自我とエス』

はじめに

 自我は、外界からの刺激、内側からやってくるリビドー、そして、同じく内側に内面化された権威的な自己ルールである超自我によって苦しめられている。

 人間存在を、自我と奔放なエスとの相克として描き出した後期フロイトの代表作。

 他ページでも述べたように、フロイト理論は彼自身認めているようにあくまでも仮説の域を出ない。

 しかし私たちは、自らを振り返った時、私たちを突き動かす欲望や、私たちを時に苦しめる内面化された当為(〜すべし)の存在を、十分自覚することができるだろう。

 この欲望と当為の自覚へと向かう必要性を教えてくれるところに、そしてその自覚が、フロイト流に言えば神経症や性倒錯からの快癒の大きなきっかけとなることを教えてくれるところに、フロイト理論の今日的意義がある。


1.意識、無意識、前意識

 フロイトは本書で、まず次のように言う。

「精神分析では、心的なものの本質は意識のうちにはないと考えている。」

 つまり心的なものの本質は、無意識にある。

 しかし無意識にも2つある。

「潜在的ではあるが、意識化することが可能なものと、抑圧され、それ自体においてはどうしても意識化することができないものである。」

 フロイトは前者を前意識、後者を無意識と呼ぶ。

 こうしてまず、「意識的なもの(Bw)、前意識的なもの(Vbw)、無意識的なもの(Ubw)」という概念が出そろうことになる。


2.エス

 フロイトはここに、さらにエスという概念を登場させる。

「知覚システムから発生し、当初は前意識的(vbw)であるものを〈自我〉と名づけ、無意識的(ubw)なものとしてふるまうものを〈エス〉と名づけることを提案する。」

「自我はこのエスの一部であり、〔中略〕さらに、外界の影響をエスとその意図に反映させようと努力するのであり、エスを無制限に支配している快感原則の代わりに、現実原則を適用させようと努めるのである。」

 つまり、われわれの内部における、快感原則に支配された無意識的なものを、フロイトはエスと呼ぶのである。自我はこのエスを、何とかしてコントロールしようと努力する。


3.超自我

 続いて登場する概念が、超自我である。

 フロイトによれば、これは男の子におけるエディプス・コンプレックスから登場してくるものである。有名なエディプス・コンプレックスとは、次のようなものである。

「ごく早い時期に、母に対する対象備給が発展する。これは最初は母の乳房にかかわるものであり、依託型対象選択の原型となる。一方で少年は同一化によって父に向かう。この二つの関係はしばらくは併存しているが、母への性的な欲望が強まり、父がこの欲望の障碍であることが知覚されると、エディプス・コンプレックスが生まれる。父との同一化は、敵対的な調子をおびるようになり、母との関係において自分が父の場所を占めるために、父を排除したいという願望に変わる。これからは父との関係はアンヴィヴァレントなものとなる。同一化の中に最初から含まれていたアンヴィヴァレンツがあらわになったかのようにみえる。父に対するアンヴィヴァレントな態度と、情愛のこもった対象として母を獲得しようとする努力が、少年の単純で積極的なエディプス・コンプレックスの内容となるのである。」

 要するに、男の子は母親に性愛を向けるが、父親の存在がこれを許さない。そこで男の子は父親を憎悪するが、同時に自身を父親のような存在たらしめたいと願うようにもなる。これがエディプス・コンプレックスと呼ばれるものである。

 超自我は、このエディプス・コンプレックスが抑圧されて登場するものである。

「自我に対する超自我の関係は、『おまえは(父のように)あらねばならない』という勧告に尽きるものではなく、『おまえは(父のように)あってはならない』という禁止、すなわち、『父のすることすべてを行ってはならない』という禁止を含むものである。自我には多くのことが禁止されたままなのである。」

 それに従うのであれ逆らうのであれ、自らの中に作り上げられた父親こそが、私たちの道徳的な理想となる。フロイトはそのように主張するのだ。

「子供が以前は父の強制のもとにあったように、自我はその超自我の絶対的な命令に服従するのである。」

 こうして自我は、次の3つの不安に苦しめられることになる。

「自我は三つの仕事を請け負わされていると同時に、三つの脅威に脅かされているのである――外界からの脅威、エスのリビドーからの脅威、苛酷な超自我からの脅威である。この三種類の脅威に対応して、自我は三種類の不安に悩まされている。」

 私たちは、外界からの様々な刺激に対処しなければならない以上に、リビドーとどう向き合うか、そして厳しい命令を課す超自我とどう向き合うかという、3つの脅威と共に生きている。そうフロイトは言うのである。

(苫野一徳)


Copyright(C) 2011 TOMANO Ittoku  All rights reserved.