空海『三教指帰』

はじめに

空海24歳の時の著作。

 どちらが思想として優位かを争う儒教道教に対して、空海は、仏教は双方を含み込んだ上で究極であると論じる。

 その思考はきわめて弁証法的だ。

 どちらが正しいか、ではない。どちらをも含み込んだ上で、もっといい考えを提示しようではないか。空海はそう考えるのだ。

 儒教、道教、仏教の、それぞれを代表する論者が登場して議論する、そうした物語のスタイルをとる本書は、そのストーリー展開を追うだけでも抜群に面白い。


1.亀毛(きもう)先生の論述――儒教の立場

 本書は、無法者の蛭牙(しつが)公子という男に、儒教、道教、仏教、それぞれの人間が、各教えを説教するというスタイルで描かれている。

 最初に登場するのが、儒教の亀毛先生だ。とにかくやりたい放題の無法者蛭牙公子を、彼は次のように教え諭す。

「もし蛭牙公子が悪に染んだ心を入れかえて、ひたすら孝の徳を実践すれば、父の死に血涙を流し、母を大切にして黄金の甕を掘りあて、厳冬に筍を引きぬき、氷のなかから鯉を躍り出させるという感応奇蹟は、そのかみの孟宗や丁蘭のやからにもまさって、日に日に善に進む美徳の名声を馳せるであろう。その孝の美徳を君主への忠義に変えていけば、〔中略〕誠忠の誉れを後世に伝えるであろう。」

 要するに、親孝行と忠君を守れというわけだ。そうすれば、立身出世し後世に名を挙げるだろう。亀毛先生は、そう蛭牙公子を説得する。



2.虚亡隠士(きょむいんし)の論述――道教の立場

 そこへ、道教の虚亡隠士が現れて言う。

「きみのような治療の仕方なら、治療せぬほうがましというものだ」

 驚いた亀毛先生は、いったいどういうことでしょう、それならば道教の教えを聞かせていただきたいと言う。虚亡隠士は答えて言う。

「いったい空に輝く太陽は、明るく照り輝いているが、目のつぶれた連中には、その輝きも見えず、地をゆるがす雷鳴は、すさまじい響きをたてているが、耳のつぶれた連中には、その響きも信じられない。ただの光や響きでさえそうであるから、ましてや道教の最高に深遠な教説など凡人の耳に届こうはずはなく、元始天尊の秘密の道術もかろがろしく口にするわけにはいかぬのである。」

 しかしそれでもお教え願いたいと言うその場の者たちの声に答えて、虚亡隠士はようやく次のように言う。

「およそ世俗の人々の熱愛するものは、求道者にとっては大いなる禁忌なのだ。もしそれらから離れることができれば、仙人となることも、むつかしいことではない。」

「心に任せてのびのびと寝そべり、気のむくままに昇りつ降りつする。淡泊で無欲、ひっそりとして声なき〝道〟の根源的な真理と一体となり、天地とともに悠久の寿命を保ち、日月とともに生の愉楽も永遠である。なんというのびやかさ、なんという広大無辺さであろう。」

 俗世を離れて仙人の境地へと達すること。この秘教的な道教の教えこそが最高のものである。虚亡隠士はそのように主張するのだ。


3.仮名乞児(かめいこつじ)の論述――仏教の立場

 ここで、それまでじっと黙っていた仮名乞児が口を開く。

 儒教も道教も、仏教からしてみれば世俗の知恵。そう仮名乞児は話し出す。確かに世俗の知恵としてはどちらも悪くはないけれど、それは広大無辺な仏教の思想からすればあまりに皮相。

 まず彼は次のように言う。

「孔子がその化身とされる儒童菩薩、老子がまたその化身とされる迦葉菩薩は、いずれもわたしの友人である。この両人は、きみたちの愚かさを憐んで、わが師である仏陀が以前に東方に派遣されたのだ。しかしながら東方の人々の能力が低かったため、天地造化の世界の皮相な道理を卑近に説いて、永劫の時間にわたる深遠な哲理はまだ説かれなかった。それなのにきみたちは、教えの違いを固執して論戦をたたかわしている。なんと間違いではあるまいか」

 孔子も老子も、実はどちらも菩薩の化身。仮名乞児はそう言って、双方を仏教内部に取り込んでしまう。そして言う。

 世俗のものなど一切は無常。立身出生にしろ仙人のような隠居生活を送るにしろ、この世への執着があればそれは結局無常なこと。したがって人は、「果てしない生死(まよい)の海をその根底から引っこ抜き、偉大な仏の悟りの境地に到達すること」を目指すべきである。

「そこでは唯一無二である真如の理法と一体になって、心に親しみ疎んずるという分けへだてがなくなり、〔中略〕遠く毀誉褒貶の俗界から離脱するのである。〔中略〕万劫よりも長い時間の経過のなかで完全に静寂であり、過去・現在・未来の三世にわたって無為自然である。」

 一切を超脱した涅槃の境地。仮名乞児の説く世界はまさに広大無辺。

「これこそ、まことに吾が師と仰ぐ仏陀の今に遺されている教えであり、広大な真如の法海における小さな水のあつまりでしかない。かの道教の仙人の小さな方術、儒教の俗にまみれた微々たる教えなどまったく言うに足りないものであり、立派とするにはあたいしないものである。」

(苫野一徳)


Copyright(C) 2010 TOMANO Ittoku  All rights reserved.