ボードリヤール『消費社会の神話と構造』

はじめに

 ポストモダン思想の代表的存在、ボードリヤール。本書は、その後の社会学や哲学のみならず、現実の経済社会にも大きな影響を与えた。

 消費社会においては、モノはモノそれ自体の有用性としてではなく、イメージとして消費される。たとえば(当時)洗濯機は洗濯という機能だけでなく、それを所有しているというステイタスのゆえに消費された。

 われわれは自分の欲求にしたがって消費をしていると思っているが、実はこの消費社会においては、社会システムそれ自体によって、われわれの欲求が産み出されているのだ。

 それがボードリヤールの思想モチーフだ。

 今や「常識」となったこの社会観を、70年代にいち早く打ち出したボードリヤールの慧眼には感心させられる。

 しかし、彼の思想には社会告発の構えがあまりに強すぎると私は思う。われわれは実はシステムに閉じ込められていて、自由ではないのだ。そんなイメージを、彼はこの後も次々と打ち出していく。

 しかし思想の最も力強い営みは、われわれは実は自由ではないのだなどということを、告発し続けることなんかにはない。

 どのような条件を整えれば、われわれは自由の感度を得られるのか。


 力強い哲学は、いつもそのように考える。私はそう思う。


1.記号としてのモノ

「どんな場合でも、消費者に手本を示して購買衝動をモノの網へとむかわせ、この衝動を誘惑し、自己の論理に従って最大限の投資と経済的潜在力の限界にまでたどりつかせるためにモノは並べられている。」

 モノはその有用性によってのみ消費されるのではない。それは社会システムにおける記号の役割を果たす。

 それはつまり、こういうことだ。

 ブランド物は、有用性だけを考えたなら法外なほど高価だ。ブランド物を買う人は、それを所有(消費)することで、あるステイタスを得るわけだ。つまりバッグや財布は、ステイタスの記号なのだ。

 ということはつまり、社会システムそれ自体が、ブランド物=ステイタスという「構造」を作り上げているわけで、消費者はこのシステムの理論に、踊らされているだけなのだ。

 これがボードリヤールの基本モチーフだ。


2.システムの自己増殖

「システムは自分が生き残るための条件しか認識しようとせず、社会と個人の内容については何も知らないのだ。このことに気づいていれば、(典型的な社会改良主義的)幻想をもたずにすむのである。それは、システムの内容を変えればシステムそのものを変革できるとする幻想である(軍事予算の教育への振替えなど)。」

 われわれは自由に振舞っているように見えるけれど、実は社会システムの内部に取り込まれているのであって、自由なんかではない。

 このシステムは、自己増殖する。われわれはこのシステムを変革することなど、もはやできないのだ。

 ボードリヤールの思想は、次第にこのようなペシミスティックなものになっていく。

 なぜなら、まず、

「消費者は自分で自由に望みかつ選んだつもりで他人と異なる行動をするが、この行動が差異化の強制やある種のコードへの服従だとは思ってもいない。」

 からだ。

 そもそもわれわれの行動はすべてシステムのコードに従ったものなのだ。

 また、

「労働力の剥奪による搾取は、社会的労働という集団的セクターにかかわっているので、ある一定の段階からは人びとを連帯させる。〔中略〕(しかし)消費者たるかぎりでは、ひとは再び孤立し、バラバラに細胞化し、せいぜいお互いに無関心な群集となるだけである」

 からだ。

 かつての目に見えた搾取関係に対しては、労働者が団結して抵抗しようという動機も生まれた。

 しかしこの消費社会においては、ひとりひとりは団結しようがない。もはやわれわれは、システムに対してどのように抵抗することもできないのだ。

 こうして、システムは個々人をコード化し続ける。われわれには、もはやほんとうの意味での個性も自由もない。


3.ボードリヤールの思想の問題

 以上のようなボードリヤールの思想には、かなりのリアリティがある。

 われわれは、いろんなものを自分が選んでいると思っているが、実はそれは社会システムによって欲望するよう強いられている。

 私が大学に入りたいと思うのも、金を持ちたいと思うのも、いい服がほしいと思うのも、全部社会システムによって産み出された欲望だ。

 この考え自体は、とても妥当なものだと私は思う。

 しかし問題は、その後の彼の思想の進み方にある。

 結局われわれは、この社会システムに囚われているのであって自由ではない。もうこれに抵抗する術もない。

 しかしこれは、行き過ぎたイメージだと私は思う。

 われわれの欲望は、確かに社会によって作られる。それはむしろ当然のことであって、「よい社会」を考える際の前提だ。

 だから、われわれは自由ではない、と告発するだけで何の解決策も出さないボードリヤールの思想には、何の可能性もない。問題は、その欲望がどのような形で叶えられればわれわれは「自由」といえるのか、と問うことにある。

 たとえば、欲望体系=コードを、まずはできるだけ多様にするというアイデアがある。

 ブランド物に価値を置く人もいれば、自然のなかでのんびり暮らすことに価値を置く人もいる。どちらが「よい」価値かではなく、ある価値=欲望にこだわるのがつらければ、別の価値=欲望へと移っていければいいのだ。

 それは、勉強ができなくて学校に居場所がない子どもが、得意な体育の授業では生き生きできる、というのに似ている。

 どんな欲望も、社会にコード化されている。それは当然のことだ。

 問題は、この欲望とうまくつきあっていく社会を、われわれはどのように構想できるかなのだ。そして現代社会は、そのような社会を構想できる希望をもっている。

 「エコ」と銘打つだけで、さまざまな商品が売れる。「エコ」が立派な消費対象になっているからだ。多くの論者がいうように、これは消費社会のある種の希望でもあるだろう。

 問題の所在が、実は解決策の所在でもある。私たちはイメージに生きる存在だ。だからこのイメージを、よりよい方向へと導いていくこともまたできるはずである。

(苫野一徳)

Copyright(C) 2009 TOMANO Ittoku  All rights reserved.