ホッブズ『リヴァイアサン』


はじめに

 旧約聖書に登場する海獣リヴァイアサンにちなんで名づけられた本書は、絶対王政を基礎づけるものとして批判的に受け取られてきた経緯がある。

 しかし私は、そのような浅薄な批判に抗して、ホッブズの思想にはきわめて原理的な洞察があったことを主張したいと思う。

 ホッブズという人は、おそらく非常な人間通で、バランス感覚に富み、しかもかなりユーモアのセンスもある人だっただろうと思う。絶対王政の擁護者、という評価が先走ってきた感の否めないホッブズだが、本書冒頭から長きにわたって続く彼の「人間分析」は、相当のものだ。

 一流の思想家の思考回路を生々しく実感できる、近代政治思想の名著だと私は思う。


1.ホッブズの人間論

「善、悪、軽視すべき、といったことばは、つねにそれを用いる人間との関連において用いられるものであり、単純に、そして絶対的にそうだというものはありえない。」

 これは、いかにして絶対的に正しい知識に到達するか、という、それまでの哲学の問いをくつがえす画期的なものだ。あまり注目されてはいないが、ホッブズは認識論においても、ロックヒュームカントに先立つ先駆者だったといえるのではないだろうか(ロック『人間知性論』ヒューム『人性論』カント『純粋理性批判』のページ参照)。


 絶対の価値などはない。それは常に、観点によって変わるものなのだ。

 さらにすごいのは、人間の価値は、彼の力の使用に対して支払われるであろう額である。したがってそれは絶対的なものではなく、他人の必要と判断に依存している。と言っている点だ。

 近代というのは、人間はその存在それ自体において価値がある、という人権の考え方がはじめて登場した時代だ。ホッブズのあとに登場するロックには、この思想が色濃くみられる(ロック『統治論』のページ参照)。

 しかし、近代政治哲学の祖ホッブズは、本書の冒頭から、人間の価値すら相対的だといってのけるのだ。


 一見、やはり「人権」思想以前の野蛮な思想だ、と思われるかも知れない。

 しかし考えてみると、これは現実を鋭くついている。人間は皆その存在それ自体に価値がある、とお題目のように言うことは簡単だ。しかし現実において、人間の価値はどうしても相対的なものとならざるを得ない

 ホッブズはこの現実認識から、ありうべき「国家」のあり方を考えていく。ホッブズの哲学が空理空論に終わらない理由は、こうした透徹した現実感覚にあると私は思う。

 そうした彼の鋭い現実認識は、次の言葉に結実している。

「人間の本性には、争いについての主要な原因が三つある。第一は競争、第二は不信、第三は自負である。そして自分たちすべてを畏怖させるような共通の権力がないあいだは、人間は各人の各人にたいする戦争状態にある。」

「だからといって、人間の意欲やその他の情念は、それ自体としてはけっして罪ではない。それらの情念から生じる行為も、それを禁じる法の存在を人が知るまでは罪ではない。そして法が禁じていることは、法が作られるまでは知りえないし、またいかなる法も、それをつくる人格について人々が同意するまではつくりえない。」

 「自然状態」において、各人は各人にたいする戦争状態にある!!

 そしてホッブズは言う。誰もが身を守るためには相手を殺す権利がある。しかしこのいつ殺されるかわからない恐怖状態をなんとかしたいと思うのなら、そのための原理は一つしかない。その原理を私が言い当てよう、と。



2.各人の各人にたいする戦争状態の終結原理

 ホッブズの答えは次のようだ。

第1の自然法「各人は望みのあるかぎり、平和を勝ち取るように努力すべきである。それが不可能のばあいには、戦争によるあらゆる援助と利益を求め、かつこれを用いてもよい。

第2の自然法平和のために、また自己防衛のために必要であると考えられるかぎりにおいて、人は、他の人々も同意するならば、万物にたいするこの権利を喜んで放棄すべきである。そして自分が他の人々にたいして持つ自由は、他の人々が自分にたいして持つことを自分が進んで認めることのできる範囲で満足すべきである。」(しかし、もしも他の人々が彼のように自らの権利を放棄することを欲しないならば、だれもその権利を放棄すべき理由はない。)

 もし誰もが平和と自己防衛を望むのなら、各人の人を殺すという権利を放棄せよ。

 そうホッブズはいう。

 そして、皆の合意によって、これを強力な権力者に譲り渡せ。

 そうすることで、ひとりひとりの安全を、この権力者に守ってもらうのだ。

 ホッブズの唱えた原理は、無秩序な戦争を終結させるための原理である

 これが、絶対王政を正当化する理論だと批判されていることは先述した。

 しかしホッブズは、たとえ強力な権力者といえども、生殺与奪の権利は持ち得ないと強調している。そもそも各人の安全を保障するために合意によってこの権力を作り出したのだから、絶対権力が人民の命を奪うことは許されないのだ。

 確かにホッブズは、君主政を擁護している。
 
「コモンウェルスには3種類しかない。「君主政」「民主政」「貴族政」である。君主政においては、私益は公益と合致する。君主の財産、栄誉は、国民が財産と力をもったとき初めて生まれる。他方、民主政や貴族政においては、公共的な繁栄は、不実な忠告、内乱などによってもたらされる。」

 しかしこれはホッブズの時代を考えれば当然のことだ。

 十分に民意を反映させる選挙制度も、また民衆一人ひとりのリテラシーもきわめて低かったこの時代においては、「民主政」も「貴族政」も、私利私欲をもった人たちによる政治へと傾きがちだった。


 人々の合意をしっかりと代表しうるのは、この当時においては「君主」しか存在しなかったのだ。

 ホッブズの最大の功績は、無法状態において人は身を守るため殺し合いをしてしまうということ、そして、この殺し合いを終結させたいのであれば、相手を殺す権利を強力な権力に譲りわたし、この権力によって各人が安全に暮らせるよう統治してもらうということ、この二点を明確に指摘した点にある。



 しかしこのホッブズの思想には、大きな弱点があったことが後に分かる。

 確かに、君主による統治を通して内乱は激減した。しかし今度は、人口の数パーセントの王侯貴族による、大多数の人民の支配という、新たな問題が深刻化するようになったのだ。

 この問題に立ち向かったのが、後のルソーだった(ルソー『社会契約論』のページ参照)

 ホッブズの思想は、ルソー、そしてヘーゲルへと発展的・批判的に受け継がれ、今日の民主主義の基礎となった(ヘーゲル『法の哲学』のページ参照)。

 近代政治哲学の大きな一歩を踏み出したのが、ホッブズなのである。
 
(苫野一徳)

Copyright(C) 2009 TOMANO Ittoku  All rights reserved.