キルケゴール『死にいたる病』

はじめに

 実存主義の祖といわれるキルケゴール。

 激しいキリスト教への信仰心と罪への恐れ、そして、レギーネ・オルセンとの熱愛、婚約、しかし原因不明の一方的婚約破棄

 彼の著作のほとんどは、この2つの経験への「執着」をモチーフに、ひたすら自己について考え続けたものばかりだといっていい。

 キルケゴールの父は、自分の成功はいつか神から罰されるに違いない、という恐怖を抱き続けていたらしい。キルケゴールもまた、この気質を受け継いでいる。

 この徹底した自己の問題(=実存)へのこだわりが、しかし新たな思想潮流、すなわち実存主義の土壌を築いた。

 キルケゴール以前の哲学、とりわけヘーゲルの哲学は、人間と絶対者の関係を、いわば絶対者の側から考えるものだった(と一般にはいわれている。わたし自身は、それはヘーゲル哲学の半分に過ぎないと考えている。詳細はヘーゲル『精神現象学』『法の哲学』などのページを参照されたい)。

 それに対してキルケゴールは、人間それ自体、つまり実存の内面を、深く深く反省して考察しようという態度を貫いた。ハイデガーサルトルなど、その後の哲学者たちに与えた影響ははかり知れない。


1.関係存在としての人間

人間は精神である。しかし、精神とは何であるか?精神とは自己である。しかし、自己とは何であるか?自己とは、ひとつの関係、その関係それ自身に関係する関係である。

 有名な冒頭の言葉だ。

 要するに、人間とは己をたえず意識している存在であり、そしてまた、その意識しているということを意識している存在である、ということだ。

 そしてまた、人間は他者との関係存在でもある。

「人間の自己は自己自身への関係において同様に他者に対して関係するところの関係」である。

 そして言う。わたしたちの絶望は、ここに存するのだと。


2.絶望

「絶望者は何かについて絶望するようにみえるが、本当は自己自身について絶望しているのであり、そこで自己自身から脱け出ようと欲するのである。これがあらゆる絶望の定式である。」

 絶望の本質、それは何かの対象について絶望しているのではなく、自分自身について絶望しているという点にある。

 自分に対する、そして他者に対する関係存在である自己自身が、その関係性がうまくいかない、そういう自分に対して絶望するのだ。

 たとえば、こうありたいという自分との関係がうまくいかない自分。

 人とこうかかわりたいと思う自分との関係がうまくいかない自分。

 絶望とは自分自身についての絶望にほかならないのだ。

 ではわたしたちは、この絶望からいったいどのように逃れ出ることができるのだろうか。キルケゴールはいう。

「誰かが気絶した場合には、我々は水やオードコロンやホフマン氏液を持ってくるように叫ぶ。だが誰かが絶望せんとしている場合には、「可能性を創れ!可能性を創れ!」とわれわれは叫ぶであろう、可能性が唯一の救済者なのである。」


3.絶望は罪である

 キルケゴールによれば、「絶望は罪である」。この辺り、キリスト教を心から信仰する者でなければ共感することは難しい。

「罪とは、人間が神の前に絶望的に自己自身であろうと欲しないことないし絶望的に自己自身であろうと欲することの謂いである。」

 とはいえ、キルケゴールの激しい思いが伝わる、感動的な箇所であるともいえる。


(苫野一徳)



Copyright(C) 2009 TOMANO Ittoku  All rights reserved.