ウェーバー『社会科学と社会政策にかかわる認識の「客観性」』

はじめに

 科学は「価値」について論じることができない。より正確には、何が「価値」あるものか、決定することはできない。

 100年以上も前にそう喝破した、社会「科学」者ウェーバーの名著。
 
 多くの人は、科学が何らかの「真理」を発見すれば、それにしたがって何をすべきかということも決定される、と素朴に考えているかも知れない。

 実は現在においてもなお、少なくない「科学者」たちは、そのように考えている。

 自然はこうなっている。だからわれわれはこうすべきである。

 私たちは容易に、「こうなっている」「こうすべきである」に、直接的に結びつけてしまいがちだ。

 たとえば「進化論」

 生物は環境に適応して常に進化している。

 だとすれば、われわれは常に「進化」すべきであって、劣等種は滅ぼされるべきである。

 かつての優生学思想を唱えた科学者たちの中には、そのように素朴な考えをもっていた人たちもいた。

 ナチスは強制断種を行い、オーストラリアのアボリジニたちは、白豪主義によってその絶滅が意図された。

 恐ろしい、と今なら多くの人が思うだろう。

 しかしこのような考えは、実は今でも続いている。

 たとえば、凶悪犯罪者たちの脳を調べれば、ある共通の構造が取り出せるかも知れない。

 ということは、犯罪者はその脳の構造によってそもそも犯罪者になるべく生まれているのだから、生まれたときに脳を調べて、犯罪者脳の子どもたちには前もって矯正教育をやるべきだ……と、実際に言っている学者もいる。

 特に現代は「脳科学」全盛の時代。「脳」が分かれば、まるで人間のすべてが分かるとでもいいたげだ。

 しかしそんなことは、実は決してない。

 われわれは確かに、「悲しい」とき、「嬉しい」とき、「恋をしている」とき、脳がどのように働いているかを探知することはできるだろう。しかしだからと言ってそれが、私たちの人生の「意味」や、恋をしていることの「価値」を、教えてくれるわけでは決してない。ましてや何かを「すべき」であるということを、要請できるはずもない。

 ウェーバーは言う。

 科学は、ある目的のための「手段」や「知識」を与えるものであって、何をすべきかを教えるものではない、と。

 いつの時代も再読されるべき、名著だと思う。


1.科学は何をすべきかを教えることはできない

「経験科学は、なんぴとにも、なにをなすべきかを教えることはできず、ただ、かれがなにをなしうるか、また――事情によっては――なにを意欲しているか、を教えられるにすぎない。」

「存在」「当為」を区別せよ、というのが、ウェーバーの第一の命題だ。

 世界は「こうなっている」、だから「こうすべきである」、というのは、間違った考えなのだ。

「世界に起こる出来事が、いかに完全に研究され尽くしても、そこからその出来事の意味を読み取ることはできず、かえって、〔われわれ自身が〕意味そのものを創造することができなければならない。」

 世界の意味や価値を決定するのは、科学ではなくわれわれ自身なのだ。

 実はわれわれには、世界は「絶対にこうなっている」ということができない。

 このことは、フッサールなど現象学のページでもさんざん述べた(フッサール『イデーン』『ヨーロッパ諸学の危機と超越論的現象学』のページなど参照)。

 では科学的「客観性」とはいったい何なのか。本書でウェーバーは、この問いに挑む。


2.一つの絶対的「原理」などはない

 その前に、ウェーバーによる科学の自己限定についてもう少し続けよう。彼は次のように言っている。

「実践的な社会科学は、なによりもまず「ひとつの原理」を確立し、それを妥当なものとして科学的に確証し、その上で、当の原理から、実践的な個別問題を解決するための規範を一義的に演緯すべきである、というような見解が、まま専門家によっても相変わらず信奉されているが、これはもとよりナイーヴな信仰にすぎない。」

 ウェーバーの念頭には、マルクス主義がある。マルクス主義は、人類の歴史とは階級闘争の歴史であって、やがて人類は資本主義を打ち倒し社会主義を樹立する、という唯物史観を唱えた。唯物史観にとって、これは一つの絶対的「原理」だった。

 しかしそんなことは決してない、とウェーバーは批判する。

「「世界観」としての、あるいは、歴史的実存を因果的に説明する公分母としての、いわゆる「唯物史観」は、断固拒否すべきである。」


3.科学の「客観性」とは?

 さて、では科学的「客観性」とは何か?ウェーバーは次のように言う。

「ある事象の「社会-経済的」現象としての性質は、その事象それ自体に「客観的」に付着している、といったものではない。そうした性質はむしろ、われわれの認識関心の方向によって制約され、この方向は、われわれが、個々のばあいに、当該の事象にいかなる文化意義を付与するかによって決まる。」

 これは非常に重要な指摘だ。

 科学的「客観性」とは、世界は絶対にこうなっているということとは違う。

 それは、ある関心からみたときにはこう考えるのが最も妥当だろう、という、限定された見識なのだ。

 哲学の観点からすると、フッサールハイデガーが提示した「関心相関性」の原理を、「科学」の領域に援用した言明だということもできる(ハイデガー『存在と時間』のページ参照)。


4.理念型

 ここで、ウェーバーは「理念型」という重要な概念を提示する。

 科学的な知識とは、世界の絶対的知識ではなく、経験を導く補助的な手段なのだ。そのような世界のひとつの「見方」のことを、ウェーバーは「理念型」という。

 したがって、科学の役割とは、よりよい「理念型」を提示し続けることにある。

「ある科学が成熟するとは、じっさいつねに、理念型が(誤って)経験的に妥当するものや類概念と考えられているかぎり、そうした理念型〔概念の誤り〕を克服することにある。」
「これらの科学においては、いかなる理念型的構成も暫定的であらざるをえないが、それと同時に、たえず新たな理念型を構成することも不可避であって、この暫定性と不可避性が、それら学科の課題の本質をなしているのである。」

「科学」を探究する者は、今もなお、このウェーバーの洞察をつねに肝に銘じておく必要があると思う。

(苫野一徳)

Copyright(C) 2009 TOMANO Ittoku  All rights reserved.